『ブレイキング・バッド(Breaking Bad)』シーズン4 USA 2008-2013 Vince Gilligan監督 怪物の誕生

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★5つ) 何度も言いますが、ネタバレなんで、ラジオ記事ともに、最初のシーズン1から見てください。そこは大丈夫ですが、以降は、すべてかなりのネタバレです。www.youtube.com petronius.hatenablog.com www.youtube.com p…

【物語三昧 :Vol.10】『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』感想-14巻134-5話二つの告白-彼女たちの未来は明るい

www.youtube.com素晴らしかった、感動しちゃった。

Beto O'Rourke Announces 2020 Presidential -民主党の候補者の中で最も注目しているベト・オルーク候補。

www.youtube.com 2019年3月、ベト・オルークさんが、大統領選に参戦を表明。2019年現在46歳の、1972年生まれ。ほぼ同世代なので、感慨深い。まだまだわかっていないが、現時点で、最も注目している2020年への大統領候補。ちなみに、凄いお金があって見事なト…

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(Battle of the Sexes)USA 2017 Jonathan Dayton, Valerie Faris監督 当事者たちが何を抱え、何を考え、何のために戦ったのかを感じられる素晴らしい映画

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★5つ)www.youtube.com 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(Battle of the Sexes)2017年のアメリカ映画。めちゃくちゃよかった。Emma Stoneが演じるビリー・ジーン・キングが、なかなかいい味を出していた。去年(2018)…

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(Darkest Hour)UK 2017 Joe Wright監督 クリストファーノーラン監督の『ダンケルク』と同時に見たい

www.youtube.com評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★5つ)最近、ヨーロッパ史をちゃんと知りたい、と切実に思いながら、本を読む時間を捻出できていない自分に、凹みます。毎日無様をさらしながら生きている。。。と思いつつも、ここ1年くらいは、意思をもっ…

『revisions リヴィジョンズ』 4-12話 谷口 悟朗監督 青春"災害"群像劇(ジュブナイルパニックアンサンブル)視点で見るのが正しいしのでしょうね。

TVアニメ「revisions リヴィジョンズ」ティザーPV評価:★★★☆4つマイナス (僕的主観:★★☆2つ半) petronius.hatenablog.com この続きです。 まだ終わっていない感じですね。シーズン2があるのでしょうか。ちなみに、まだテレビは放映中ですので、ネタバレ…

『プロテスタンティズム 宗教改革から現代政治まで』 深井 智朗著 ドイツ(というかヨーロッパ)については勉強が足りなすぎる自分を再認識しました。

評価:★★★★4つ (僕的主観:★★★★4つ) ルター派のプロテスタンティズムが、ドイツ建国の精神的な支柱になっていた、という部分が、凄く面白かった。 まずカルロゼンさんの『幼女戦記』を読んでいて、神のために!とか、帝国(ライヒ)のために!とか、皇帝陛…

Hillary Clinton says she won't run for president in 2020, but vows she's "not going anywhere."

www.youtube.comHillary Clinton says she won't run for president in 2020, but vows she's "not going anywhere." Clinton ruled out another campaign during an interview posted Monday by TV station News 12 Westchester. However, she said she'll …

2019-3-2-【物語三昧:Vol.6】海燕とペトロニウスの少女マンガ講座-第2回 成田美名子著『CHIPHER』双子というテーマ with 海燕さん

2019-3-2-【物語三昧:Vol.6】『CHIPHER』成田美名子 with 海燕海燕とペトロニウスの少女マンガ講座-第2回です。2019年は、遠き坂の上の雲におわすLDさんという巨人を超えるための第一歩として、彼の強くない領域で、戦おう!(=逃げ)という…

『ブレイキング・バッド(Breaking Bad)』シーズン3 USA 2008-2013 Vince Gilligan監督  2008-2013年のアメリカは、正しくあろうとあがくことで怪物になり下がっていく自分たちの虚無を見つめたのかもしれない

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★5つ)『ブレイキング・バッド(Breaking Bad)』シーズン1-2 USA 2008-2013 Vince Gilligan監督 みんな自分の居場所を守るためにがんばっているだけなのに - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために上記の続きで…

【物語三昧 Channel:Vol.4】『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』14巻感想-with 哲学さん - 2019年2月17日 Sun JST

www.youtube.com 下記の続き。14巻の感想。この作品は具体的に追いたいので今回は14巻単体での感想。感想なので、解説というほどではないっす。前半部の自意識のこじらせと、後半部の友達ができていく場面の落差、転換は何が起きたのかってのが見るポイント…

『福岡市を経営する』 高島宗一郎著 最も成長が終わってダメージを受けた団塊の世代ジュニアこそが、成長より成熟なんていっていちゃだめだろう!

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★5つ)何となくは知っていたのだが、ちゃんと追ったことがなかったので、いい機会だと思い軽い気持ちで読んでみた。そうしたら、2018年に読んだ中の本で最もインスパイアされガツンと来た本で、その圧力に驚いた。★5つ主客…

『ゴブリンスレイヤー(GOBLIN SLAYER!)』Japan 2018 蝸牛くも著 尾崎隆晴監督 神々に、サイコロを降らせないというのことが、僕らが最後にできる唯一正しい回答

評価:★★★☆3つ半 (僕的主観:★★★★4つ)アニメーションとしての出来がとてもよかった。きれいにまとまっているし、ゴブリンというこの中では天災的な位置づけですね。それに、人生と世界を壊されてしまった少年の復讐の物語。そして、復讐心が、ちゃんと癒…

カマラ・ハリス上院議員は、合衆国初の女性大統領になれるか?/Sen. Kamala Harris announces 2020 presidential run

www.youtube.comフォー・ザ・ピープル(For the People)を選挙スローガンに。米国の祝日マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー(Martin Luther King Jr. Day)に、カマラ・ハリスカリフォルニア選出の上院議員(民主党)が、ABCの「グッドモーニン…

【物語三昧 Channel:Vol.3】TONO『カルバニア物語』人間らしさを失わずこの過酷な世界で生きていくこと with 海燕 - 2019年2月4日 Mon JST

さてさて、めちゃ忙しないですが、今年の目標は単品の解説ラジオを積み上げようということで、僕は早い方がいいと思う人なので、年の前半に2019年の目標を達成すべく、全力疾走、、、というか、やれるときにやらないと、いつできるかわからないですから…

【物語三昧 Channel:Vol.2】漫画版『風の谷のナウシカ』解説ラジオ with LD - 2019年2月2日 Sat JST

2019年は、単品紹介をしていこうということで、2回目は、漫画版『風の谷のナウシカ』。LDさんと解説していきたいと思います。基本的には、ラジオだけ聞けばわかるようにしようと思っているのですが、そうはいってもこれだけの古典的傑作になると、複雑な積み…

物語の物語、やっと通販開始します。在庫これしかないので宜しくです。

物語の物語1同人誌の発送ですが、もう少し時間がかかるようです。 https://t.co/WwNTnxJuV7— ペトロニウス (@Gaius_Petronius) 2019年1月29日 1.神話とアーキタイプ~少年は竜を殺し、少女はシンデレラの夢を見る2.善悪逆転の物語~勧善懲悪のヒーローが人…

「心の問題をアダルトチルドレン的にセンシティヴに読み解いていく」時代の終わりとしての『SSSS.GRIDMAN』

p-shirokuma.hatenadiary.comシロクマ (id:p_shirokuma)さんや海燕さんが反応してくださって、なんだか久しぶりに、はてな村的な楽しさを感じました。この、ペトロニウスさんのブログ記事に触発されてグリッドマンについて書いてみたらめっちゃキモい文章が…

『SSSS.GRIDMAN』Japan 2018 雨宮哲監督 ベジータ問題(罪と罰の応報関係からみる物語構造)-モブをどれだけ殺しても、人がそれを許してしまうのはどうしてなのか?

評価:★★★★4つ (僕的主観:★★☆2つ半) 海燕さんのおすすめで、視聴終了。出来は、とてもいい。しかも、これは人気あったんじゃないかな、、、支持されるアニメだと思う。もともとのグリッドマンの設定を、ちゃんと強い意志のもとに統合して料理していて、…

いま全米で、こんまり(近藤麻理恵)のネットフリックスのリアリティーショーが熱い!

www.youtube.com最近、めちゃ周りでアメリカ人が話題にしてて、Twitterとかでも日本語でも、全米でガチ大人気だってことが知れ渡ってきたので、見たら、こりゃー面白い!と感心したので、紹介を。まだ全エピソード見れていないのだけれども、ファーストイン…

アメリカのリベラルが嫌われつつあるのはなぜか? ウォーク・アウェイ運動について

www.youtube.com リベラルと民主党から立ち去ろう!――ブランドン・ストラカBRANDON STRAKAさんのWalk Away運動の、このYouTubeの映像は、今のアメリカの政治状況を読み解くのに、非常に有用だと思いました。多様なメッセージを含んでいて、アメリカの民主党…

『revisions リヴィジョンズ』 1-3話 谷口 悟朗監督 主人公の堂嶋大介くんが、『鉄のラインバレル』の早瀬 浩一くんを思い出して、その醜悪さに見てるのがつらい・・・

見はじめた。谷口悟朗さんのということで。何の情報もなく見ているけれども、谷口監督のは見なきゃ!と思い。ちなみにアニメーションのつくり方が実験的なのか、なんか動きが変で、ちょっと見にくい。モーションキャプチャー的な動き?。たぶん、監督が実験…

『ブレイキング・バッド(Breaking Bad)』シーズン1-2 USA 2008-2013 Vince Gilligan監督  みんな自分の居場所を守るためにがんばっているだけなのに 

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★5つ)www.youtube.comwww.youtube.com 2019年の目標は、アメリカのドラマやバラエティをいろいろ見ること。ということで、1月からスタートダッシュをかけてて、シーズン3の真ん中まで来ているところ。ブレイキング…

『色づく世界の明日から』篠原 俊哉監督 とても幸せな気分になれました。

アニメ『色づく世界の明日から』PV第1弾評価:★★★★☆4つ半 (僕的主観:★★★★☆4つ半)素晴らしかった。昨年(2018)の10月からの毎週を、幸せにしてくれた、素晴らしいアニメでした。毎週楽しみで楽しみで、、、、P.A.WORKS、篠原監督、制作にかかわった人に…

2018年の振り返りと2019年に向かって

あけましておめでとうございます。本当は、毎年年末年始におすすめのその年のリストなどを作って定期的に埋めたいところなのですが、なかなか余裕がなく。というような言い訳を、いつもしているペトロニウスです。【新年の抱負】あけましておめでとうござい…

もうすぐ平成の30年も終わるのですね。

www.youtube.com 安倍首相の演説とかトランプさんの演説とか、時々、報道ではなくてホワイトハウスや首相官邸のオリジナルの全テキストと映像を直接見るように努力しようと、思い立って、なかなかできていないが、天皇陛下の言葉は、要所ではすべて聞こうと…

ファーウェイの5Gにおけるテクノロジーの覇権争いは、中国とアメリカのどっちに盗まれるのがましか問題

China calls on Canada to release Huawei CFO or face consequencesあまりニュースを細かく追えていないので、ほんとに雑感なんだけど、パッと見ると、どう考えても米国の対中貿易戦争の一環の代理対応だよね。アメリカの意向がないと思えない。5Gの陣営で…

自衛隊の冷静な対応がプロフェッショナルさを感じる。最前線の映像。

www.youtube.com 真ん中くらいからのやり取りが、すごいシリアス。これが最前線なんだ。専門家ではないで、これがどういう意味を持つか、文脈上どう考えられるのか、などなどは、わからないのですが、すごい臨場感は伝わってくる。さすがにこれは、見ておい…

『やがて君になる』 仲谷鳰著 加藤誠監督 侑が橙子を特別と認識しそうになると、目がさっと冷えるじゃないですか。。。これ、恐怖ですよ。

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★4つ)昨日、アニメの11話を一気見した。1話くらい見ようと思ったんだけど、引き込まれて朝五時まで見てしまった(笑)。クリスマス・年末休暇だからこそできるこのてきとー感。最高です。明日仕事ないぜ!的な解放感がない…

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界で一番安全な戦場/Eye in the Sky』(USA 2015) Gavin Hood監督  オバマ政権ごろから急激に増加する特殊部隊をよく表している

評価:★★★★☆4つ半 (僕的主観:★★★★☆4つ半)Eye in the Sky(2015)。Gavin Hood監督。兵士の死傷率が上がると、すぐに戦争継続が困難になる民主主義国家では、必然的にドローンやロボットなどの遠隔操作による暗殺や戦闘が大きな潮流となっていく。ちなみに…