えっと、百合?

『私の百合はお仕事です!』未幡著 百合分というよりは、疑似姉妹制度に憧れがあるのかもなーと思った。

評価:未評価 (僕的主観:★★★★4つ)仲谷鳰さんの『やがて君になる』が、そろそろ電撃で最終回ですね。ペトロニウス的には、百合分が足りなくて、最近どうしようと悶々としていたのですが、未幡さんの『私の百合はお仕事です!』を見つけて、尊い気持ちにな…

『プリンセス・プリンシパル』 (Princess Principal) 2017 橘正紀監督 シャーロット王女が、革命がおこるほどの矛盾を抱えるアルビオン王国をどう変えるかが見てみたい

評価:★★★☆3つ半 (僕的主観:★★★☆3つ半) ■アニメを何の基準で選ぶかいつものごとく風邪ひいて弱っているので、ずっとアニメ見たり漫画見たりして、何とかつらい日々をやり過ごしています。ちなみに、めちゃくちゃネタバレなんで、ネタバレ気にする人は、…

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(Battle of the Sexes)USA 2017 Jonathan Dayton, Valerie Faris監督 当事者たちが何を抱え、何を考え、何のために戦ったのかを感じられる素晴らしい映画

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★★5つ)www.youtube.com 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(Battle of the Sexes)2017年のアメリカ映画。めちゃくちゃよかった。Emma Stoneが演じるビリー・ジーン・キングが、なかなかいい味を出していた。去年(2018)…

『やがて君になる』 仲谷鳰著 加藤誠監督 侑が橙子を特別と認識しそうになると、目がさっと冷えるじゃないですか。。。これ、恐怖ですよ。

評価:★★★★★5つ (僕的主観:★★★★4つ)昨日、アニメの11話を一気見した。1話くらい見ようと思ったんだけど、引き込まれて朝五時まで見てしまった(笑)。クリスマス・年末休暇だからこそできるこのてきとー感。最高です。明日仕事ないぜ!的な解放感がない…

『ななしのアステリズム』 小林キナ著  名前のつかない感情を

客観評価:★★★★☆4つ半 (僕的主観:★★★★★5つ)少し前にTwitterで、百合やBL的な話は好きなんだけど、最初からそれ前提となってしまうと、「そういう物語」として構えてみてしまうので、まだ「名前がつかない状態の感情」みたいな物語を見たいんだよなぁと…

読んでる!。

これ、面白い!。好き!。

『やがて君になる』 仲谷鳰 著 まるで映画を見ているようなーシャープさが美しい

(電撃コミックスNEXT)" border="0" />評価:未完のためにまだ未評価 (僕的主観:★★★★★5つ)最近のお気に入りです。好きで、繰り返し読んでいる。なんだか映画を見ているような気になるんだよね。まだ未完なのに★5つは、僕的には破格の評価。いや、めっち…

『双角カンケイ。』 タチ著  タチさん、やっぱり、うますぎる!

『桜Trick』 2014年 Japan タチ著 石倉賢一監督 日常-無菌系の果てに現れた微エロ http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20141015/p2 LGBTQに対して積極的に権利が認められる方向が大きなトレンドとして存在するアメリカやカナダなどの北米の方向を見てい…

2巻出たー。

1巻で、おって思っていたけどー。2巻もいいなー。物語の構造自体は、シンプルでこの手のものにありがちだけど、何か違う感じがするのは、たぶん映画的というか、漫画の上手さのような気がする。なんだか場面場面が、シャープで凛としている気がして、ぐっ…

より多様性の獲得へ−日常系から完全に無菌な状態(=男性の感情移入視点が存在しない)へ至り、そこからゆり的な微エロへ

日常系、無菌系から微エロまでは自然に展開しますよね! by LD教授 今回は、日常系とは?のtagのシリーズの流れなので、ぜひとも読み込んでおいてほしいなーと思いつつ。 『桜Trick』 2014年 Japan タチ著 石倉賢一監督 日常-無菌系の果てに現れた微エロ…

別にそういう話ではないんだろうけれどー。

僕は、百合にしてもゲイにしても、その政治的に正しい呼び方すらよくわからないし、あんまりよくわかっていないんだけれども、、、まぁ、なんというのだろう、栗本薫の大ファンだったせいで、思春期の真っただ中にボーイズラブ系の物語をこれでもかと修業の…

『桜Trick』 2014年 Japan タチ著 石倉賢一監督  日常-無菌系の果てに現れた微エロ

あんまり、仕事が忙しくて、せっぱつまっているので、LDさんに苦しいよーーーって愚痴を言っていたら、『桜Trick』は癒されます(断言)といわれたので、見てみたら、、、、、びっくりです。 ・・・・・・・これエロっ、、、って。 いやぁーーーすっごいス…

『エビスさんとホテイさん』 きづきあきら+サトウナンキ著

物語としては、ちょっといまいちかな。作者のテーマを追求しているというわけでもなし、、。 けど、個人的にはぐっと来る話だった。 というのは、全編が「子育てで仕事ができなくなる」って話なんだよね。ああーーーーいまの自分の立場を見て、胸がぐっと苦し…

『極上ドロップス』 三国ハヂメ著 天然の女の子に救われる家の事情が複雑な美少女

小毬ちゃんのあせあせする態度がたまらなくキュートです。三国ハヂメさんの書く女の子は好きだなー。 ふと思ったんだが、百合系の話って、こういう「天然の女の子に救われる家の事情が複雑な美少女」というパターンが多いよねぇ。ライトノベルの名作『マリア…