批評:Movie(Japan)

『天気の子(Weathering With You)』(2019日本)新海誠監督 セカイ系の最終回としての天気の子~世界よりも好きな人を選ぼう!

2019-8-25【物語三昧 :Vol.39】『天気の子』新海誠監督 セカイ系の物語の最終回として-44評価:★★★★★星5 (僕的主観:★★★★★5つ)先日、8月にコミケで同人誌(マインドマップで語る物語の物語の4巻と5巻)を発売したので、日本に夏休みで帰ってきました。…

『君の膵臓をたべたい』(2017 Japan) 監督 月川翔 脚本吉田智子 原作 住野よる ソウルメイトに至るには肉欲が邪魔なんだなとしみじみ

客観評価:★★★★4つ (僕的主観:★★★★4つ)映画館の予告で何度も見せられているうちに、見たくなって見に行った。正直に、日本映画のお涙頂戴系+スター起用による興行成績狙いには、がっかりすることが多いので、つられてしまったなと見たのですが、これが…

『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(2017 Japan) 監督 高橋敦史 時間と空間の謎解きでSFマインドを掻き立ててくれる秀作

評価:★★★☆3つ半 (僕的主観:★★★☆3つ半)声優が変わってから初めて映画館に見にいった。友人が、というかてれびんが、最近のドラえもんでは断トツの面白さ、というので。読後は、期待していたためか、まぁ普通の良作だった、という印象。僕自身最近のドラ…

『君の名は。(英題Your name.)』 (2016年 日本) 新海誠監督  美しき東京の日本の風景〜この風景を見たら普通そこに行きたくなってしまうでしょうね

評価:★★★★★星5 (僕的主観:★★★★★5つ)マスターピース みんなが面白いというので、これはリアルタイムで行かなきゃ、と使命感をみなぎらせてNYから到着したその日に無理やりLDさんと見に行った。やっぱりリアルタイムで見るのがこういうのは醍醐味だ…

『そして父になる(2013 日本)』  是枝 裕和監督  僕は、子供たちが10代後半になった時に何を思うのかを見てみたい

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★☆星3つ半) まず最初に言うべきことは、大傑作である、ということ。個人的に自分の中の評価文脈として「家族をどうとらえるか?」について異論があり違和感があるので、微妙な判定の評価を上記でしているように見える。し…

『東のエデン(2009 Japan)』 神山健治監督  ニート(若者)と既得権益世代(大人)の二元論という既に意味のなくなった二項対立のテーマの設定が失敗だった

アニメシリーズ 評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★★星5つ)劇場版 評価:★★☆星2つ半 (僕的主観:★★★3つ)実は、神山監督の『東のエデン』を見ていなかったんだよね。そんで、全部見直してみた。テレビシリーズは2009年公開当時8割がた見ているはずなん…

『日輪の遺産(THE LEGACY OF THE SUN)』 佐々部清監督  1945年のこの時間にどういうマクロ的背景が存在するか?がやっとわかった。

評価:★★★3つ半 (僕的主観:★★★☆3つ半) 昭和史の半藤さんの戦後編を聞いていて、この作品を飛行機の中で見たことを思い出した。この作品の位置づけというか、意味がよくわからなかったんですよ。それは、歴史的にこの1945年のこの時間にどういうマク…

『ヒミズ』 (2012年 日本) 園子温監督 (2) スラムに生きる幸せを描く方が、正しい道なのではないか?

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★4つ) ■「いま」を、我々はどう受け止めるべきなのか?〜1990から2010年までの失われた20年の先に何が見えるのか? 『ヒミズ』 (2012年 日本) 園子温監督 (1) 坂の上の雲として目指した、その雲の先にい…

『かぞくのくに』 2012年日本 梁英姫(ヤン・ヨンヒ)監督 現代の日本にある南北分断という現実〜遠いマクロの話ではなく、目の前の現実であるという驚き

評価:★★★★星4つ (僕的主観:★★★★4つ) ■現代の日本にある南北分断という現実〜遠いマクロの話ではなく、目の前の現実であるという驚きまず視聴終了して驚いたのは、現代の2013年の日本にこんな現実があるのか!という驚きだ。幸か不幸か、僕は差別と…

自殺者1万人を救う戦い - SAVING 10,000 - Winning a War on Suicide in Japan

http://www.saving10000.com/?lang=ja見たいと思っていたのだが時間がなくて、今日早起きしてみた。さすがに朝から超重いへヴィーな内容で沈んだけれども、見てよかった。僕はポジティヴな方であるし、いまポジティヴに思えるほどに人生としては運がいい方だ…

『ヒミズ』 (2012年 日本) 園子温監督 (1) 坂の上の雲として目指した、その雲の先にいる我々は何を目指すのか?

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★4つ) 僕は原作をいまはよく覚えていないし、園子温さんの作品を他にまだ見ていないし(早く『愛のむき出し』『希望の国』を見なければ!)この作品を語る文脈は特に持っていないので、まずは素直な印象を。ちなみに、非…

『けいおん』 山田尚子監督 かきふらい原作 

評価:★★★☆星3つ半 (僕的主観:★★★★4つ) ■「日常のたゆたう関係性と風景」が過不足なくTVシリーズと一貫性を持って僕は、『けいおん』のアニメーションに対する評価は非常に高い。アニメの全体で考えるならば、主観客観ともに★5つのエポックメイキン…

『ヴァンパイア』 岩井俊二監督 物凄い楽しみ、、、

何年振りだろう。岩井俊二監督の最新作。うわー楽しみ―。全編英語でも、いまなら、へっちゃらだ(笑)。・・・最近新作がなかったからあまり、知らない人がいるかもしれませんが、僕は、超がいっぱいつくほどの岩井俊二さんの大ファンです。なので、とても楽…

見に行かなければ。

ミツコさんのお薦め。これは少し勉強して見に行きたいなぁ。園子温さんは、ずっと気にしている人なので、是非今回チャレンジしてみたいなぁ。そのためには、2−3作は、先に見て考察しておきたいんだよなぁ。 ミツコ 2012/08/20 22:09 是非観てみてください。…

『おおかみこどもの雨と雪』 細田守監督 細田守ブランドの確立〜失われていたファミリー層を吸収するアニメーションブランドの登場

評価:★★★★★星5つプラスαの傑作 (僕的主観:★★★3つ・・・マイナスαかも、、、)客観評価と主観評価にこれだけ、凄まじい差がつくのは、ほんと珍しい。しかも圧倒的に文句なく素晴らしい傑作のアニメーションだと思う。が、これを見終わった後、僕はとても…

いま見終わりました。

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★★星5つプラスαの傑作)いま夜中なんで、、、、もう寝ないとやばいんだが、、、、いま見終わった。とにかく素晴らしかった。こういう物語が僕は見たかったんだ!!!というのをまさに見せてくれた物語。少しづつ分けてみ…

『モテキ』 大根仁監督 森山未來 長澤まさみ主演 なんで『モテキ』?〜コミュニケーションの弱者を赤裸々に暴露するっていう開き直りをもっと展開すべきだったのに、普通の物語に終息してしまった

評価:★★★星3つ (僕的主観:★★★☆星3つ半) 先日、年休を取って奥さんと一日デートしてきたのだが、、、うちは、3カ月に一回くらいはなるべくそうしたいなーと思って、おいしいものを食べに行ったりします。いーじゃないですか、双子の子育てって、すげー…

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』  本広克行監督  秀逸なテレビドラマの「続き」〜ただし、もうそろそろこのテーマでは限界があるよね

評価:★★★☆3つ半 (僕的主観:★★★★4つ)■秀逸なテレビドラマの「続き」〜ただし、もうそろそろこのテーマでは限界があるよね映画としては、たぶんドラマからずっと見ているファンのためのもので、あまりにも「過去を見ていないとわからない」という設定な…

『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』 平山秀幸/チェリン・グラック監督  クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』への返歌〜「記号」を解体すること

評価:★★★★☆4つ (僕的主観:★★★★☆4つ半) ■まずこの作品鑑賞するにあたっての基本姿勢〜マクロからではなくミクロから読み解くべき作品原作は、サイパン島攻略に従軍した元アメリカ海兵隊員、ドン・ジョーンズの著した『タッポーチョ 「敵ながら天晴」 大…

『激動の昭和史 沖縄決戦(1971/東宝)』 岡本喜八監督 無名の人々のエピソードの緻密さが出来事の深さを感じさせる

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★★星5つ) ■無名の人々や小さなエピソードの総体としての全体が浮かび上がる 岡本監督のスピーディーな演出が数多い登場人物を飽きさせない。それぞれがほとんど1シーン、2シーンの登場だが、強烈に印象に残る。リズム…

『血と砂』(1965年) 岡本喜八監督 三船敏郎主演 戦争と音楽を扱った典型的な悲劇

評価:★★★★4つ (僕的主観:★★★★4つ) ■見始めたきっかけは『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』との比較〜音楽と戦争と日常と僕のブログの読者っていったい誰やねん!と、ターゲットがいまいち不明になるのは、こういう紹介をする時なんですが(笑)、、、。先日いちみ…

これをみていないなんて・・・・・と先輩にさびしい顔をされた

えっ、みてないの? と、非常に、「そりゃーダメだよ」的な顔をされてしまった(笑)。 なんでも、本より映画より、ドラマが一番いいとのこと。どっかで何とか見ようかなー。韓国ドラマの『ソウル1945』(全71話!!!)とか『IRIS』とか見たいのいっ…

『TAJOMARU』 中野裕之監督

評価:★★☆星2つ半 (僕的主観:★★★3つ) 意外や意外、おもしろかった。もっとダメダメかと思えば、、、、。特に前半部の、いいこちゃんのおぼっちゃんの畠山直光(小栗旬)が、すべてに裏切られていくところは、個人的には好きな流れだった。けど、それも…

『犬神家の一族』 市川崑監督 あげればきりが無い美学に貫かれた作品

犬神家の一族石坂浩二, 高峰三枝子, 三条美紀, 草笛光子角川映画 2000-08-25売り上げランキング : 9290Amazonで詳しく見る by G-Tools 評価:★★★★★5つマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ) 鬱屈した陰影の美学に貫かれながらも軽い感じがする。文句なし…

『LOVELETTER』 岩井俊二監督 その見事な演出力に脱帽です〜記憶めぐる物語としては、これ以上の作品はないのではないか、と思います

Love Letter中山美穂キングレコード 2001-03-07売り上げランキング : 1838Amazonで詳しく見る by G-Tools 評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★★星5つ) 岩井俊二監督は、大×30スキな映画監督で、この人の作品は、どれも何回も見かえしている。かなりメジ…

『椿三十郎』森田芳光監督 役者の資質の違いを見るのに興味深い作品

椿三十郎 通常盤織田裕二, 豊川悦司, 松山ケンイチ, 鈴木杏エイベックス・エンタテインメント 2008-05-23売り上げランキング : 572Amazonで詳しく見る by G-Tools評価:★★★☆星3つ半 (僕的主観:★★★☆星3つ半) " />椿三十郎三船敏郎;仲代達矢;加山雄三;団…