空と宇宙への夢

『家康、江戸を建てる』 門井 慶喜著 武官ではなく文官、テクノクラートの目的意識は、生涯は、個人を超えるスケールで

客観評価:★★★★4つ (僕的主観:★★★★★5つ) 華々しい武官に歴史は焦点が当てられがちだが、江戸という大都市を作り上げた文化、テクノクラートたちを描く小説。豊臣秀吉のにより関東へ国替された徳川家康が広大なフロンティアである低湿地を開拓し徳川260…

『プラネテス』 (JAPAN2004‐05)谷口悟朗監督  タナベの新入社員奮闘記にフォーカスされている潔い切り捨てで、アニメでも傑作になることができた!さすが谷口監督!!

評価:★★★★☆星4つ半 (僕的主観:★★★★★5つ)素晴らしかった。2日で、全部見切ってしまった(といってももう去年だけど)。谷口悟朗さんの作品は、全部見ようとずっと思っているので、やっと見れた。『無限のリヴァイアス』『プラネテス』『コードギアス …

Space will be the place for everyone: Takafumi Horie at TEDxSapporo

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=mL2asJyoqTw 素晴らしい。 宇宙開発のポイントはコスト、というのもまさにその通りだと思う。 「とにかく安く宇宙に行ける方法を開発したい。費用を安くして誰でも行けるようになれば、すごくおもし…

Mars photos from NASA's Curiosity rover

http://www.theverge.com/2012/8/12/3237914/nasa-curiosity-rover-mars-photographs#3652702火星の映像がこんな細密なものが見れるなんて、、、。僕らはいい時代に生きている。

スミソニアン博物館/航空宇宙博物館  ワシントンDC 写真2

スミソニアン・インスティチュートの航空宇宙博物館にいってきました。ここの凄さは、アメリカにおける航空産業の歴史が、そのまま世界の航空産業の歴史そのものだというのをわからせてくれる。黎明期のレシプロから最新のジェットの旅客機、戦闘機はては、…

Raw Video: Lift Off for Space Shuttle Atlantis

アトランティスの打ち上げ・・・。かっこえー。

『フリーランチの時代』 小川一水著 幼年期の終わりを描く短編集

小川一水さんの短編集。この人は、正統派ハードSFの後継者であるジュブナイル小説家とでもいおうか。とても正統派の志向に則ったハードなテーマを描く人なんだけれども、内容が軽くハートフルなので、SFの入門書として読みやすくて本当にいいなぁと思う…