Masterpiece

『流血女神伝 帝国の娘・砂の覇王・暗き神の鎖・喪の女王』 須賀しのぶ著 女の子を主人公にした物語で最高峰なんじゃないか、といつも思います。

評価:★★★★★5つ 傑作マスターピース (僕的主観:★★★★★5つ傑作)これも2007年のアメブロの記事を再掲載です。僕は、冒険活劇で、成長物語(ビルドゥイングスロマン)で、少女を主人公とした物語では、須賀しのぶさんのこれが最高傑作ではないか、と思…

『流血女神伝 砂の覇王・暗き神の鎖・女神の花嫁・喪の女王』 須賀しのぶ著 神の観念を描くこと〜君のそばに宗教は真摯にありますか?

評価:★★★★★5つ 傑作マスターピース (僕的主観:★★★★★5つ傑作) アメブロが見にくくなっているとのことで、再掲を。丁度、うれしいことに、kindle化してくれているので!。ぜひ買いましょいう。これは僕の人生の読書体験の中でも、最上位に位置する、時代…

『美女と野獣(Beauty and the Beast)』(2017 USA)本好きのハーマイオニーが恋に落ちる瞬間を!(笑)

客観評価:★★★★★5つマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ) ディズニーの歴史に残る傑作になるだろう素晴らしい作品でした。ノラネコさんがおっしゃる通り極上のエンターテイメント超大作。映画館に見に行く価値があると思うし、これは女性でも子供でも誰…

『ローグ・ワン(原題:Rogue One: A Star Wars Story)』 (2016 米国) Gareth Edwards監督 いま僕らはスターウォーズ・サーガが歴史になっていくその瞬間を見ていることになる!

評価:★★★★★星5つマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ) 見ている最中、見終わった後、その傑作さに、しびれました。スターウォーズシリーズ最高傑作ぐらい言われていますが、いや本当に、とてもじゃないけどスピンオフの小作品的位置づけとは思えない、…

『この世界の片隅に(In this Corner of the World)』(2016 Japan) 片渕須直監督 こうの史代原作 日本の第二次世界大戦の戦争表現を変えてしまうような傑作

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ)素晴らしい物語だった。僕は、人生で見たどんな反戦映画よりも、反戦のイデオロギーよりも、ああ、戦争はだめなんだなと痛切に感じました。別に僕は、現実的に戦争は嫌でも軍備なくして平和は守れ…

『シン・ゴジラ』(英題: GODZILLA Resurgence)』 2016年日本 庵野秀明監督 もう碇シンジ(ヒーロー)はいらない〜日本的想像力の呪縛を解呪する物語(2)

『シン・ゴジラ』(英題: GODZILLA Resurgence)』 2016年日本 庵野秀明監督 もう碇シンジ(ヒーロー)はいらない〜日本的想像力の呪縛を解呪する物語(1) http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20160823petronius.hatenablog.com 続きです。 このブログ…

『シン・ゴジラ』(英題: GODZILLA Resurgence)』 2016年日本 庵野秀明監督 もう碇シンジ(ヒーロー)はいらない〜日本的想像力の呪縛を解呪する物語(1)

評価:★★★★★星5つマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ) 庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』。腰が砕けるほどの傑作だった。ペトロニウスの名にかけて傑作です。もう何でもいいから、劇場に行っていまお金を出して、この時代の転換点となる作品を見ることを…

『スピリットサークル』 水上悟志著 輪廻転生の類型を描く素晴らしい物語

評価:★★★★★plusα星5つ (僕的主観:★★★★★5つ)やっとkindle出たので読めた、、、、素晴らしかった。物凄かった。。。。。未完結ですが、ダントツの星5つですね。そこまで行くのは間違いないです。素晴らしい物語だ。。。。ってまだ終わっていないけど。…

『それでも夜は明ける/12 Years a Slave(2014 USA)』 Steve McQueen監督 John Ridley脚本 主観体験型物語の傑作

評価:★★★★★plusα星5つ傑作 (僕的主観:★★★★★plusα5つ) 2014年米アカデミー賞の作品賞。鑑賞後傑作だ、と絞るようにうめき出しそうなほど魂が震える傑作。鑑賞後、魂が揺さぶられて、自分の知っていた世界が揺らいでしまうような感覚を味わうことは、な…

『ヴァンパイア十字界 "THE RECORD OF FALLEN VAMPIRE"(堕ちた吸血鬼の記録)』(2004-2007 Japan)  作:城平 京 画:木村 有里  時代を超える傑作〜脱英雄譚の英雄譚の一つの完成形かつ最高峰に位置づけられる作品

評価:★★★★★5つマスターピース (僕的主観:★★★★★5つマスターピース)ヒーロものの文脈で読み直そうと思い立ち、、、、読了してあまりの素晴らしさに涙が出たので、、、あっこれ、本当に時代を超える傑作なんだと感心したので、布教のために、過去の記事を…

コードギアス反逆のルルーシュを見直しました!

最近忙しすぎて、記事が全く書けません。とはいえ、アメリカは今3連休なので、9/1はlabor dayですので、さすがに少し余裕がある。昨日、こつこつ毎日1-2話ぐらいで、ストレスの緩和のために見続けた『Code Geass: Lelouch of the Rebellion』のR2を見終わ…

『風立ちぬ』 宮崎駿監督 宮崎駿のすべてが総合された世界観と巨匠の新たなる挑戦

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ)■宮崎駿のすべてが総合された世界観と巨匠のあたらなる表現への挑戦大傑作だ。全編、僕はじわっと半泣き状態だった。それにしても、ずっと胸が熱くまったままだった。批判もあるだろうと思う。し…

もう、とにかく見るしかないっ!

大傑作だ。全編、僕はじわっと半泣き状態だった。ずっと胸が熱くまったままだった。この作品は、宮崎駿という大巨匠をして、エポックメイキングな作品になると思う。それは、これが単純にこれまでの彼の持っていた技術や世界観をすべて総まとめにしたという…

『きっと、うまくいく(3 idiots 2009 India)』 Rajkumar Hirani監督 高度成長を超えつつある新興国インドの現在

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ)■インド映画の最高峰、いまこの時点でインド自身が描くインドとは?この作品も本当は長く解説したいのだが、なかなかそこまで時間がないし、いま上映している旬の作品なので、とにかく一言言える…

『セデック・バレ』(原題:賽紱克·巴萊 /Seediq Bale) 2011年 台湾 ウェイ・ダーション(魏徳聖)監督 文明と野蛮の対立〜森とともに生きる人々の死生観によるセンスオブワンダー

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★★5つ)日本人を悪役として描いた反日映画と、いう風にどうしても表上は見えてしまうのだろうが、どうしてどうして、全然違う映画だったと思う。というよりも、文脈を考えると、これほど親日的な映画もないだろう、と思い…

見事な作品ですー。

まだ下巻の2/3ですが、素晴らしいです。最近、傑作ばかりに出会ってます!ネタバレの長文の記事を書くと思うので、ぜひ先に読んでおいてください。素晴らしいです。この系統の作品は、はがないも、俺ガイルもそうだけれども、凄く目の付け所が良くても、「ま…

「第三章 再来の王都」の「第三章52 『ゼロから』」まで来ました。心が震えました。

Re:ゼロから始める異世界生活http://ncode.syosetu.com/n2267be/ 「第三章 再来の王都」の「第三章52 『ゼロから』」まで来ました。 読んだことある人、ここまでくれば、ここで何があったかわかると思いますが、、、僕は魂が震えました。こんなに感動し…

『Re:ゼロから始める異世界生活』 鼠色猫 著 超弩級の物語に出会いました。これだから、人生はたまらない!!

Re:ゼロから始める異世界生活http://ncode.syosetu.com/n2267be/ ペトロニウスさんは、これ好きだと思いますよ-----------どなたかに紹介してもらった。 こつこついろいろ探していると、それなりに忘れたころに、こういう超弩級の作品に出会う。 正直、い…

『GUNSLINGER GIRL』 相田裕著 静謐なる残酷から希望への物語(2)〜非日常から日常へ・次世代の物語である『バーサスアンダースロー』へ

『GUNSLINGER GIRL』 相田裕著 静謐なる残酷から希望への物語 1 http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20130103/p1 ↑ 上記の続きです。さて、前回の1で設定した命題は、袋小路の物語類型であるスタート地点を考えると、『ガンスリンガーガール』というの…

『GUNSLINGER GIRL』 相田裕著 静謐なる残酷から希望への物語(1)〜袋小路の物語がダイナミズムを獲得するまで

GUNSLINGER GIRL(1) (電撃コミックス)作者:相田 裕出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2014/05/01メディア: Kindle版評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ)相田裕さんのガンスリンガーガールが完結した。ラストの終わらせ方は見事だった…

『海賊とよばれた男』 百田尚樹著 (2)石油を確保するという近代日本のエリートが考え続けていたことへの一つの答え

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ) 2)石油を確保するという近代日本のエリートが考え続けていたことへの一つの答え〜本当に自由主義者として振舞えば、世界は微笑み返す 国岡鐡造(出光佐三)が、凄いな、と思うのは、石油という…

『海賊とよばれた男』 百田尚樹著 (1)銀行家の使命とは?〜本分を全うするチャンスを人は探して生きている

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ) 本当に素晴らしい本です。さすが。メインの感想は、(2)ですが、まずはさわりで。とにかく、仕事の本分とはどういうものか?ということを凄く考えさせられたことと、なるほど、現代の産業の構…

『The Shift: The Future of Work Is Already Here』 リンダ・グラッドン著 これからの僕らの未来

リンダ・グラットン教授の『ワークシフト』は、近年まれにみる良書だったようだ。いま、全力で友人にすすめまくっている。自分の今まで考えてきた思考の断片が、非常に整合性をとれてつながっていく触媒になって、凄く感動した。久しぶりに凄い知的興奮を味…

『ダークナイトライジング(The Dark Knight Rises 2012)』 Christopher Nolan監督 局地的な終末論の果ての「希望」を描く物語

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つプラスα)■根拠のない絶対悪の物語の袋小路について〜“市民”の物語上のプライオリティが低いことこの作品について、前作の『ダークナイト(2008)』と比較して、ダメになった的な発言は多いのではな…

『あんぽん 孫正義伝』 佐野眞一著 愛する祖国日本に多様性をもたらしてくれる彼らに乾杯!

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ)凄いです。素晴らし本でした。近年読んだ、どんな物語よりも力強く、そしてミクロとマクロが交錯する超弩級の本でした。ああ、こういうものに出会えるから読書はやめられない。ペトロニウスの名に…

『ネットと愛国〜在特会の「闇」を追いかけて』 安田浩一著 現代日本の本質を描写している傑作ルポタージュ

評価:★★★★★星5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ)ルポタージュの傑作だと思う。物凄く読む価値がある、と思う。差別とか極端なナショナリズムとか内容がセンシティヴすぎて、中身についてあまり言いたくないなーと思うんだけど、それでも、あまり…

凄いです。

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★★5つ) ・・・・・なんか、もうレベルが違う次元だなぁ。素晴らしすぎる。読んでいて至福です。いま『魔法使いの夜』についてこつこつ記事を書いたり、ルイさんとtwitterで話し込んでいるんだけど、「そこ」とつながる部…

超ど級の傑作ですね。

素晴らしかった。本当に素晴らしい。大傑作です。 『HUNTER×HUNTER』 23巻 富樫義博著/偉大な物語の本質について http://ameblo.jp/petronius/entry-10009768304.html この「境界線上」ギリギリのラインを、エンターテイメントでやれるんだから、大したもの…

『ソードアートオンライン-アリシゼイションビギニング』 川原礫著 

評価:★★★★★5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ)これは、大傑作ですよ。超お勧めです。これだけ話が長く広がって、なお、このレベルまで上昇するってのは、本当に珍しい。このアリシゼイション編は、大傑作だと思います。ペトロニウスの名にかけて…

『黄金の王 白銀の王』 沢村 凛著 政治という物は、突きつければこういうものだと思う。けど、こんな厳しい仕事は、シンジくんじゃなくても、世界を救えても、ふつうはだれもやりたがらないんじゃないのか?

評価:★★★★★5つのマスターピース (僕的主観:★★★★★5つ) 二人は仇同士であった。二人は義兄弟であった。そして、二人は囚われの王と統べる王であった――。翠の国は百数十年、鳳穐(ほうしゅう)と旺廈 (おうか)という二つの氏族が覇権を争い、現在は鳳穐の頭…