『進撃の巨人』2013-2017 Season 1-3 荒木哲郎総監督 諫山創原作 新世界系の到達点-世界は残酷だけれども美しい、その解像度をあげろ!

進撃の巨人 シーズン1 コンプリートBlu-ray BOX(第1-25話)[Import]

客観評価:★★★★★5つマスターピース
(僕的主観:★★★★★5つマスターピース

見出し
■とにかくアニメの出来が素晴らしすぎて、言葉を失った。
■「鉄血のオルフェンズ」2期で理解した類型と同じであることは何を示すのか?
■「セカイ(=偽り)」と「世界(=現実)」の境目に現れる厳しさを、そこに挑戦する登場人物たちに突きつける行為を「新世界」と呼ぶ
■世界は残酷だけれども美しい~意味がないからこそ、美しい。切ないくらい美しいのは、すべてに平等に訪れる平等な死と無意味さ
■個人が死んでも「続いていくなにか」にコミットすることが、唯一、「生きた証」をどこかに残せる可能性
■世界の解像度あげることが、現実の残酷さと美しさへのフレームアップ
■しかし、王道の物語に接続するときには、「世界の謎」へ結びつける必要性がある!



■とにかくアニメの出来が素晴らしすぎて、言葉を失った。

シーズン1、25話。ストヘス区急襲 (3)まで。(ちなみに、この記事は、2019年11月に書いています)

言うまでもないことなんだけど、エンタメの歴史に残る世紀の傑作。漫画自体も、もちろんそうなんだけど。アニメも同じレベルの出来。日本固有の文脈とかそういった制限もすべて軽々超える。世界中のだれが見ても感情移入でき、心底傑作だと感じてしまうであろう凄みを持つ作品。ペトロニウスの名にかけるまでもなく、もうとんでもない傑作。なんというか、まじで見れば見るほど、言葉を失うほどの名作、傑作。全人生で、世界中の様々な物語を見た中でも、トップクラスで素晴らしい普遍性。。。2013年か、、、5年も前にアニメやっていたのに、見てもいなかった。親友が、素晴らしい出来なので、見ておかないともったないと薦めてくれなければ、見逃すところだった、マンガがあまりに素晴らしので、何度も読み返しているから、がっかりしたくないなんて言う、賢しらな理由で避けていた自分の不明を恥じいります。みんな見よう!。


ちなみに、この作品の評価は、あまりに複雑多岐にわたるし、書いていると日が暮れるので、ラジオします(たぶん)。というのは、もうすぐ「終わりかけている」今で、この作品を、最初のテーマと到達点で評価できる時期が来たからなので、まとめようと思っているんです。なんというか、いろいろ考えながらエンターテイメントを、物語を見ているんだけど、10、20年単位で考え抜いてきた問題意識、テーマが、具体的に、エピソードで、キャラクターで、そして大きな物語ドラマトゥルギーで、すべて表現されていくのを見ると、なんというか度肝を抜かれます。諫山創さん、とんでもない、才能の人だし、それ以上にあまりのテーマの追求っぷりにその真摯さに、心打たれます。なんというか、後で語ろうともうのですが、テーマに対する愚直なまでの、真摯な対応、しつこさに、この人の誠実さを感じて、胸が熱くなります。ちなみに、構造を比較すれば、各エピソードが、『マブラヴ オルタネイティヴ』で問題に上がっていた問いに、徹底的に問い直して答えているのがわかります。これは、もう書き始めていおるので(2)で話しますね。


ちなみに、これ書いている途中で、シーズン3パート2の#59壁の向こう側まで見終わりました。これ2019年の7月まで放送していたのですね、全然気にしてなかった。


僕の記事はいつも読みにくいだろうし、思考過程を垂れ流しているので、なかなかわかりずらいかもしれないのですが、基本的に「ジャンルを超えてなるべく関連する様々な物語を紹介しよう」とか「深く読み込んだ後にもう一度、もっと深く理解したくて、その理解の手がかりになる」となるものを残そうといつも思っています。なので、アニメを全部見て、マンガを全部読みなおして、ぜひとも、記事を読み直してほしい。それと、できれば、下のBBCのインタヴュー記事(日本語版もありますね)のインスパイアされた物語というのは、有名ですが吉宗綱紀の『マブラヴ オルタネイティヴ』なのですが、見たこと、やったことな人こそ、下の10周年のPVを見てみてほしいのです。諌山創さんが、いかにこの「吉宗綱紀の作った問いと世界観」に対して、全力で答えたかが、感じれると思うのです。PVなので、もしかしたらマブラヴをやっていない人には、全くわからないかもしれないですが、これを見て、進撃の巨人のファンなら、これ、やってみないとダメだ、、、と絶対思うはずです。クリエイターがつなぐ、「問題意識」の連鎖を、感じ取れると思うのですよ。これこそが「文脈」ってやつです。


www.youtube.com


www.bbc.com

www.bbc.com


■「鉄血のオルフェンズ」2期で理解した類型と同じであることは何を示すのか?


2019-11-29【物語三昧 :Vol.42】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』2010年代を代表する名作~残酷な現実の中で意味もなくどう生きるのか?with LD -47


Youtubeで説明するつもりなので、メモ的にしか書かないのですが、ことのはじまりは、物語の物語の最終巻を出すために、「脱英雄譚」と「新世界系」の到達点が、どこまで行っているかを再確認するためでした。そこで、新世界系の一つのルート0の答えを示していると話されてきた『鉄血のオルフェンズ』のシーズン2を見直したことで、「新世界系」の答えと類型がハッキリと分かったと思うのです。


■「セカイ(=偽り)」と「世界(=現実)」の境目に現れる厳しさを、そこに挑戦する登場人物たちに突きつける行為を「新世界」と呼ぶ


アニメの『進撃の巨人』を語る上で、「どう語るべきか?」というのを考えると、シーズン1-2の途中#31 戦士あたりに、裂け目があるような気がするんです。というのは、この作品の理解の最大ポイントは、


「壁の中にいる閉じられたセカイで自分がどう生きるか?」

「壁の外があるという世界の謎」


に分けられるからです。さらに、現在連載で進行中なのを、


「壁の外の世界(=現実)で自分たちがどう生きるか?」


とテーマで、それぞれの問題意識が、エンターテイメントの究極の設問になっているにもかかわらず、愚直に、真っ向からすべて、答えを出し切っている上に、具体的なエピソードでそれを表現するという、さらなる愚直ぶり。なんというか、その「恐れを知らない真っ向勝負」に、恐れおののきます。素晴らしすぎる。こんなの、普通無理だよ。。。


えっとこのラインに従って、「壁の中にいる閉じられたセカイで自分がどう生きるか?」というテーマを考えてみましょう。


シーズン1を見た時に、僕は、「オルフェンズ」の2期を見た直後に見直したので、驚いたんですよね。あまりに同じ感触に。アルミン、ミカサ、エレンの3人の子供時代の「絆」が、その後の「生きる理由」になっているという構造です。


「外に開かれていない閉じられたセカイ」において、「そこから出ていって、海を見たい!(アルミン)」というドラマトゥルギーであり物語の主人公たちの「動機」は、すなわち、「閉じられたセカイ(=偽りの作られた世界)」の外にあるであろう「開かれた世界(=現実)」に、行こうとするという物語になります。ちなみに、セカイ系の「セカイ」という仮名で書くのは、この世界が「閉じられた偽りの世界」という意味で、脱出する対象であることを僕は示して書いています。世界、と漢字で書く時は、僕らの住む「現実の開かれた偽りではない世界」のことを指しています。しかしながら、「セカイに住んでいる登場人物たちは」、その偽りの世界の閉塞感に苦しんでいます。なので、その閉塞感を超えて、自由を目指す(=脱出)ときに、セカイと世界の比較を突き付けることによって、「それでもあなたは、外の世界に出たいですか?」というドラマトゥルギーを設定されるようなのですね。


この「セカイ(=偽り)」と「世界(=現実)」の、境目に現れる、とりわけ世界の厳しさを、そこに挑戦する登場人物たちにつきつける行為を、「新世界系」と呼んでいます。具体的には、新大陸であったり、壁であったり、この2つの境界を超える、凄まじい厳しさが示されることによって、キャラクターたちの覚悟を問う話になります。



では、世界・・・・言い換えれば、僕らが住む生の現実の「最も特徴的なものは何か?」と問います。



それは、いくつかの大きな特徴によって構成されます。



まずは、なんといっても、物語のご都合主義は通じない、ことです。



物語であること、主人公であることは、すなわち「何らかの救済が、成長が、解決がありうる」ということになってしまうからです。それでは、「現実」ではないし、セカイとの比較が成り立たない。セカイは、物語の主人公がいる世界。世界(=現実)は、英雄も、勇者も、物語の主人公なんかいないし、もちろん、「自分が主人公」なんて妄想は、通じない。


1)あなたは主人公じゃないということが突き付けられなければならない


2)人生の意味があってはならないし、何かを成し遂げる動機に理由が与えられる大義(目的意識)があってはならない


いいかえれば、徹底的に「無意味であること」が、「現実の世界の最も大きな特徴である」と考えられているんです。けっこう難しいことを言っていますが、これは、主人公だったら、丁寧に成長できて、結局は死なないし、セカイを救えるという物語的なご都合主義を、究極に排除したところに、「僕らの住んでいる現実はある」という無力感が支配した、1990年代後半から2000年代、そして2019年の今に至るまでの日本人の典型的な「実感」だったのだと思うのです。まぁ、マクロでいうと、高度成長期が終わって、「人生が報われる」という「有意味感」が、確率的にほとんどの若者に訪れないという絶望が、こうしたシャープな問題意識を生み出したのだろうと思います。


おっと、マクロの説明が長くなると、難しくなるので、そこは飛ばしましょう。


オルフェンズの2期との特徴は、主要人物の、特に主人公級がみんな死んでしまうことにありました。また、彼らの死というのは、基本的には「世界を救済する」というのには手が届かなく、意味がありませんでした(少なくとも、死の直後ぐらいでは)。ようは大義がなかった犬死なんですね。これが上の条件を見たいしていることがわかると思います。


でも、非常に重要なのは、物語の主人公として感情移入させた主人公たちの人生が、


1)主人公ではなかった


2)世界にとって大義も意味もなかった


というドラマの終着点は、「物語としていいのでしょうか?」という問題意識があります。かつて、『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』で、LDさんが、その設定ならば、全員死なないとダメだろう!と叫んでいたことがあります。たしかに、セカイ系の脱出が極まって、「現実に戻る」というテーマを貫徹するならば、現実すなわち、主人公ではないこと、意味をはく奪することが、テーマになるので、全員死なないと、テーマ性は全うできません。少なくとも、主人公は無意味に死なないと、この物語の類型としては、失敗なんですよ。この後、『魔法少女まどか☆マギカ』に物語は進み、この類型は、主人公を抹殺するところまで進みます(苦笑)。

Sound of the Sky: Collection/ [Blu-ray] [Import]


では、リアリズム、いいかえれば「現実を示すこと」とは、無意味に全員死ねばいいのでしょうか?



それは、ちょっと直感的におかしい。一つは「そんな話を本当に人々は、受け手は望んでいるのか?」ということ。もう一つは、物語に王道を、竜を退治した、悪を倒した、セカイ、世界を救ったという人類の物語史のメインストリームにあわせれば、テーマとしてはやりマイナーといえると思うのです。僕はやっぱり、世界の救済、それをする勇者、英雄、主人公のビルドゥングスロマン(=成長物語)が、物語の王道だと思う。


そこで出てきたのは、「この過酷で残酷な現実において、生きる意味とはなんでしょうか?」「どうすれば生き残れるでしょうか?」という問いでした。



これには明確な答えが出ています。



それは、「目の前の絆に無償でコミットすること」です。



これは、けものフレンズやオルフェンズを見ていて、最終的に言えたのは「無償の愛」「無償の信頼」「無償の友愛」、、、あとにくる言葉は、色々な定義があるので、まだ議論中ですが、力点が「無償であること」にあるのは間違いありません。「無償」というのは、報酬がないこと、損得ではかってはいけないし、報われてはいけないもの、という意味文脈です。損得や有償で考えると、「世界が成長していくという有意味文脈」に乗っていないと、報われないので、それは不可能です。だから、世界が成長していたり、大きな技術のブレイクスルーがない社会では、報われることは、構造的にあり得ないので、有償にしたら敗北が決定してしまいます。


けれども、「人間関係の絆」というものを、無償の関係まで内圧を高めることは、実際のところ、不可能に近いです。ようは「自分を捨て去って相手に貢献せよ」というのは、「自分」を持つ人間には、ほとんど不可能だからです。


けれども、これが簡単に成り立つ状況というのはあります。


それは、「選択肢を奪う」ことです。ようは、戦争のような極限状態にほおり込まれた兵士や、構造的に差別を強いられて「持たざる者」として固定化した状況に生まれること、その状況下では、「選択肢がない」ので、必然的に、無償の関係に向かう圧力が生まれます。そうでなければ、世界が無意味なだけ。兵士は、好き嫌いなんか関係なく「命を懸けて信頼する」ことをしなければ、チームにならなければ、即死にます。「持たざる者」には、近くにいる人間関係に、もともとのリソースがないので、そこにかける以外に、人生に意味を見出すことは不可能なんです。なので、これは選択肢があるから選べるということではなく、出ずゲームやサバイバル系に近い、世界の構造がから来る唯一解答なんです。


ちなみに、極限の戦場における兵士のドラマに、「現実の過酷さ残酷さ」を見出す類型を、LDさんは、ガチ兵と呼んでいます。ガチの兵士もの、という意味ですね。

Argevollen Collection 1 / [Blu-ray] [Import]


petronius.hatenablog.com


www.youtube.com


ちなみに、「無償である」ことを示すために、「報われなさ」、言い換えれば主人公が死なないといけないという公式を考えると、艦これのアニメで、なぜ、この系統を作るなら、、、と悩んでいるかがいま振り返るとよくわかります。この類型を結論まで持っていくには、やはり全員死ぬような「報酬のなさ」「報われなさ」の表現がポイントだからです。逆に振りきれたければ、日常系で、「ひたすら幸せな癒しの世界」を描かなければならない。両方を等分に描いてしまうと、中途半端さが際立ってしまうのです。


■世界は残酷だけれども美しい~意味がないからこそ、美しい。切ないくらい美しいのは、すべてに平等に訪れる平等な死と無意味さ


ちなみに、極端に振ったガチ兵ものは、意外に人気が出ません。たしかに、いい作品が多いのですが、どうも共感を生みにくいようなんですね。そもそも「戦場」にいきなり投げ込まれるのは、人間関係のスタート地点として共感を生まないようです。こうした過酷な環境に、順番に感情移入していくためには、どうやら、「学校という段階を踏む」ことが必須であることがわかってきました。『がっこうぐらし』なんか、紺構造をよくわかって作られていますね。学園ものの、日常の人間関係をステップにすると、それが、過酷な環境で「試される」というドラマトゥルギーになるので、感情移入ししやすいようなのです。ちなみに、そういう意味では、「学校のステップ」を踏まない、オルフェンズは、ガチ兵ものにちかいですね。進撃の巨人は、彼らが、訓練学校の同期生という設定を作っている点で、見事としか言いようがないものです。

がっこうぐらし! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)



えっと、やっぱなんか、、、、、こういう「分析的な言説」は、「理解するには必要」なんだけど、大事なのは、理解じゃなくて感じることなんですよね。



えっとね、、、、



シーズン1を通して、見ていて、驚いたんですが、、、、まさにこの時代の新世界系のテーマを、貫徹して、すべて応えているんですね。それも、抽象的に「こうなる」とかそういうレベルでの答えじゃなくて、物語として、キャラクターの魂の叫びとして、ドラマトゥルギーの重なりのエピソードとして、、、、。



「選択肢がない状況で」「無償の友愛」・・・・・が、新世界系のテーマのポイントでした。



だとすると、エレン、アルミン、ミカサの「子供時代の思い出」というのが、「無意味な世界に生きる目的」にそれぞれなる構成になるはずなんですよね。



これ、3人ともに、個別に生きる理由が、それぞれ複雑に描かれている。細かく説明するとしんどいので、まずはてきとーに、ミカサ。



彼女が、死ぬのをあきらめるシーンがあるじゃないですか。



この時、物語上は「彼女は死んでいる」んですね。



えっとね、エピソード的には、彼女は、既に生きるのをあきらめて、状況的には、「詰んだ」んですよ。なんというか、物語的には、継続するために、結局死ななかったじゃないか、と言おうと思えばいえるんですが、、、なんというか、ガチで、もう死んでいますよね、みんな。状況的にエピソードの積み上げ的に、感情の情感的に、「ここで終わった」感が凄いじゃないですか。少なくとも、僕は見ててそう感じます。そんで、この時の、セリフが、あまりにストレートに、いままで言ってきた問題意識に見事にこたえていて、鳥肌が立ちました。



「わかってた。人生は、世界は残酷だ。。。。。だからこそ美しい。・・・・・いい人生だった。」
(うろ覚え)


分析的に言えば、これが新世界系の問題意識の「答え」ですよね。また「世界の残酷さ」を際立たせることのためには、「生き残ってはいけない」んです。この時に、ミカサの心の動きは、状況的に具体的に手触りとして、この抽象的な意味が、ストレートに、誰もがわかる形で感じられると思うんですよ。あんな子供時代のエピソードから延々積み重ねられて、どんだけ仲間が無意味に死んでいるんだよ的なシーンを重ねられて、、、、


彼女の生きる理由って、エレンとの、家族との絆なんですよね。なので、エレンが、生きていなかったら、彼女の生きる動機は、消えるんです。だから「あきらめた」んですよね。でも、その時、彼女の人生を彼女が振り返るときに、人生は残酷だった、、、、彼女の両親は目の前で殺され、何もすることができなかった。抗いようがない現実の残酷さに、何一つ逆らうことができずに、無力感にさいなまされて死んでいく、、、、それが人間の人生。虫けらのように死ぬ、、、、、というか、カマキリの捕食のシーンが出てきますが、虫けらが死ぬのと、人間が死ぬのと、生においては死すべき存在として、等価値なんですよ。だから、残酷。それが、痛切に感じられるとき、世界の、人生の、現実の残酷さを思うんです。


では、、、、残酷だから、無意味だから、それ即ち、「生きてきたこと自体」はどうだったのか?と問うと、、、、


「でも美しかった。いい人生だった。」


というんですよね。正確に言うと逆説じゃないですね。残酷「だからこそ」美しい、なんです。何にも意味がなかった人生で、虫けらのように死ぬ間際に、彼女は「いい人生だった」というんですね。



これ、もう答えでしょう。



ちなみに、前半の全編のエピソードは、「この感覚」に結びづいていて、彩られています。



世界の残酷さと美しさを見せるには、「主人公が死ななきゃいけない」んですよ。そうでないと、「無意味が極まった連鎖の世界」の美しさが、演出されないから。なので、あっさり、主人公であるエレンは死ぬじゃないですか。また、エルヴィン・スミス団長も、生涯をかけた夢と目的を果たせないじゃないですか。しかも、アルミンだって死んじゃうじゃないですか。



だって、調査兵団のいる世界、「壁の中の世界」って、もう絶望しかないじゃないですか。この世界の構造に対する意味がある挑戦って、自由を示せることって、「壁の向こうに行くこと」「その果てを見ること」「死にゆく人類を救済する」ってこと(全部同じことですね)なんですが、前半の、、、、、「壁の中にいる閉じられたセカイで自分がどう生きるか?」という部分では、基本的に、これ全部、絶望しかないじゃないですか。はっきり言って、報われた人って、ほとんどいない。調査兵団の死亡の率って、、、、もう、90%以上でしょう。はっきり言って、全滅ですよ。主要キャラクター3名も、エピソード的には、事実上死んでいます。


もう一度ミカサのエピソードに戻りますが、、、、ちなみに、ここで生き残る彼女は、「エレンへの、、、家族への思い」が、絶望を上回ったわけじゃない、というのが、また信じられないくらい切ない。これ、後半のマーレ編以降の伏線で、彼女の自由意志がなかったという、さらなる「問いかけ」がなされるとか言って、どんだけ、諌山さん、厳しいんだよ、、、と唸ります。


とはいえ、まだ「そこ(=ミカサの自由意志に関する問い)」を問う必要はないです。それは、後半の問題意識になると思います。


壁の中のセカイが、あまりに絶望的過ぎて、しかも「どうすればそれれをブレイクスルーできるのか」ということが、謎すぎて、重すぎて、これ、のちに「世界の謎」がわかった後でも、見返すと、この「残酷な世界の中で無意味に死ぬ」という「鮮烈で鮮やかな現実の美しさ」が、これでもかって、感じれちゃうんですよ。


これ、「新世界系」の類型の、物語としての答えだと思うんです。


世界は残酷。けれど、美しい。虫けらのように、僕らは死ぬけど、もし「大事な人への思い、絆」があれば、報われることは何一つないし、意味もないけど、頑張って生きたという「なにか」は残る。それは意味がないかもしれないが、確実に残る「なにか」であって、いい人生だったと思える「なにか」だ。


ちなみに、慎重に、「大事な人への思い(無償の友愛)」があれば、人生に意味があったとか、幸せだと思える、とはいうのを避けている。基本的に「世界が残酷」で「意味がなかった」というのは、凄まじい強度なので、この絶望を、ご都合主義で、ひっくりかえしているわけではないからだ。このテーマ類型で言いたいことは、世界の残酷さであり、無意味感なので、それがご都合主義的に、解決できた!となってしまうと、このテーマの強度を損なうからです。


なので、実際的には、「全員死んでしまって」「何も報われませんでした」というオチのつけ方が、本来はこの物語のスタンダードな、「正しいドラマトゥルギー」だといえるでしょう。もしくは、LDさんが良く上げるような『魔法少女育成計画』のように、現実の過酷さによって、「思い自体(=動機)は変わらない」のに、「その在り方が、ボロボロになって変質してしまっている」というのも、類型の答えの一つでしょう。


ようは、物語のご都合主義をはるかに超えるスケールの「現実の残酷さの強度」を示さなければ、この類型としては中途半端になるという構造があるからです。いやはや、、、、現実が過酷すぎるので、「日常系」、ハーレムで女の子いっぱいでウハウハとか、女の子だけの関係性だけで戯れて幸せいっぱいの日常とか、主人公が異世界に転生して「一切成長することも困難もないチートで生きていく」という選択肢の別のサイドで、日本の2000年代のエンターテイメントは、これほどまでに厳しい現実を問う作品を創作し続けてきました。クリエイター!作り手!、それを愛する受けて!、なんてすばらしいんだ!と叫びたくなります。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 [DVD]

この素晴らしい世界に祝福を!』  暁なつめ著 金崎貴臣監督  どういう風に終わらせてくれるんだろうか?
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20160313/p2

Web小説ってなんなの? 画一化したプラットフォームの上で多様性が広がること〜僕たちはそんなに弱くもないけど、そんなにも弱いんだろうね(笑)
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20160402/p1


灰と幻想のグリムガル(2016)』著者 十文字青 監督 中村亮介 異世界転生のフォーマットというのは、現代のわれわれが住む郊外の永遠の日常の空間と関係性を、そのまま異なるマクロ環境に持ち込むための装置(1)
http://petronius.hatenablog.com/entry/20160413/p1



■個人が死んでも「続いていくなにか」にコミットすることが、唯一、「生きた証」をどこかに残せる可能性


えっと、もう少し「新世界系の類型」に関する、この辺もめちゃネタバレですが、僕は今に至るまで、ずっとガンスリンガーガールの15巻の終わり方が、胸に残っているんです。最終エピソードとスペランツァとロッサーナの話についての僕の感想と分析を、抜粋してみたいと思います。これ、上記で説明している話と、全く同じ類型になっているのがわかるでしょう?。

GUNSLINGER GIRL(15) with Libretto!II (電撃コミックス)

15巻を通しての「完成度としてのガンスリンガーガール」の価値は、1)〜3)のバランスにあるので、そこから逆算すると、スペランツァの次世代につながる希望の話は、描かれなければなりません。そうでなければ、2)-3)を厚みを持って描いてきた意味がなくなってしまうからです。あと、少なくとも、絶望の残酷さを描きたいのならば、2)は描く必要性が全くありません。むしろ邪魔です。


ラストエピソードが、これまで描いてきたことの超圧縮の答えとして描かれているのは、非常にうまい構造をしています。それは、少女時代のスペランツァと、アカデミー賞の授賞式でスピーチする20は超えているであろう成長した後の大人の女性のスペランツァが、1話の短い中で一気に「時間の経過を感じさせる」演出を考えるとよくわかります。1)−2)のミクロの物語は、人生を奪われた、成長できなかった少女たちの話であるのがそのコアです。その未来の無さで、人生を生き切ったという話です。そして、生き切ったからこそ、それをサポートした大人たちがいたからこそ、ギリギリの針の穴を抜けるようなありえない確率で、「次世代の未来」に話がつながったのです。それが、この単純なエピソードの1話で、話が示されています。見事だ、と思いました。


蛇足というか、同じ意味合いのエピソードがもう一つあるのですが、ロッサーナに娘がいること、そして、ロッサーナのもとへサンドロが、愛したペトルーシュカの遺言によって北欧に向うというエピソードがあることも、同じ構造を感じさせます。この流れだと、ロッサーナとサンドロは結ばれるでしょう。そうすると、娘がいるんですよね!。というか、まさにスペランツァと同じ構造です。あげればきりがないくらいすべてが論理的につながっているので、エンリカの幼馴染の女の子が彼女の遺言で軍警察を志願した話がありましたが、最後に彼女がジャコモを撃てなかったことや、復讐を求め続けてきたジャンに「ジョゼが殺されてまた復讐を続けますか?」という問いに、静かに目を閉じ「どうだろう(=そうは思わない)」と答えるシーンも、ジャンが復讐の輪廻から脱出しているエピソードであって、これも、彼がいくつもの過去の回想をするシーンがはさまれていることからも、時間の経過が彼を変えさせたことを如実に示しています。


すべては、マクロ的に憎しみから永遠の殺し合いを続ける逃げ道のない輪廻の世界から、人はどう脱出できるのか?という、「争いの消えることはない人間社会」に生きながら、常に問うべき希望をこの物語は指示しています。故に、僕はこの物語を素晴らしい物語だと、傑作だと、ペトロニウスの名にかけて!(めずらしく出た!)確信しました。素晴らしい物語を本当にありがとうございました!。



GUNSLINGER GIRL』 相田裕著 静謐なる残酷から希望への物語(2)〜非日常から日常へ・次世代の物語である『バーサスアンダースロー』へ
http://petronius.hatenablog.com/entry/20130104/p1


この辺りの「自分が生きているうちには報われるほど世界は甘くない」というのと、けれども、次世代につなぐものがあれば、という話は、相互リンクしやすいようです。



■世界の解像度あげることが、現実の残酷さと美しさへのフレームアップ


あと、「新世界系」の類型のアンサーは、世界の残酷さを、「美しさ」を感じさせるまでに解像度を上げるというのが、答えだと僕は思いました。なので、アニメがとても向いている。動き、演出で、解像度が限りなく上がるので、残酷さと美しさがものすごく上がるからです。


このパターンが、極まって成功しているのが、これまた大傑作の『約束のネバーランド』と『鬼滅の刃』。アニメの制作陣は、素晴らしい仕事をしていて、マンガだけでも超絶傑作なのに、さらにそれに拍車をかけています。この辺りのテイストが好きな人は、見ておかねばならない傑作です。最初の1話見ただけで、マンガと比較すれば、背景情報の解像度を上げることが、この脚本をどれだけクオリティをあげることになるのか、実感できると思いますので、ぜひとも見比べてみましょう。



THE PROMISED NEVERLAND PV 【Fuji TV Official】


『鬼滅の刃』公式PV



■しかし、王道の物語に接続するときには、「世界の謎」へ結びつける必要性がある!


しかし、新世界系には大きな罠というか構造上の問題点があります。現実の過酷さを示す大きな作劇場の特徴として、


感情移入の対象(主人公)が、主人公ではなかったという「突きつけの告発」


が必要です。これを、してしまうと、、、



力尽きたので、(2)で書きます。。。書けるか、、、、わからんけど、、、(苦笑)。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12-14巻 渡航著(2) あなたのために人生を捧げますということ

petronius.hatenablog.com

さて、空気の支配を受けないのが本当の友達という結果が出てきた時に、俺ガイルにはもう一つの構造が浮かび上がりました。というか最初から設定されていましたが、この問いが重要に浮かび上がってきたように僕には思えました。再度前回の記事の問題意識に戻ってみましょう。

2011年から2019年までの連載。事実上2010年代を支配した、大きな作品だと思うんですよね。僕はこの作品を見るときにずっと、2つの大きな問題意識を持ってきました。まだまとまっていないので適切な言葉かわからないのですが、

1)リア充と非リア充の対立をどのように超えるか?

2)雪ノ下雪乃という女の子を救うこと-ラブコメは学園を超えられないので家庭の問題には踏み込めないのをどう超えるか?


2010年代の問題意識をもっと抽象化すると、やはり「充実していない」ことになるんだろうか。リア充と非リア充の対立、非モテの問題、「自分は主人公じゃない」「主人公特権を疑問視して剥奪したがる」と言った傾向は、もう一段上のレイヤーがある気がします。この時期の僕のマクロの観察は、


1)日本を含む先進国は、「高度成長期が終わった」という言葉に始まり、「低成長時代が安定期に入った」という認識に進んでいます。


2)しかしながら同時に、中国を中心とした後進国と思われた国々の急激な発展により、南北問題(先進国の北と発展途上国の格差)は限りなく縮小し問題たり得なくなった。


ここでの結論は、マクロ的には、世界の問題は、じわじわと解決に向かっており、問題はないと思われる。気候変動や相対的貧困など、課題がなくなったわけではないのだが、それらはあまりに変動要因が大き過ぎて、既に個人がなんとか世界を救おうとするには、あまりに巨大になり過ぎており、想像力さえ及ばなくなりつつあり、基本的に天災に近い形で認識されるようになっている。


3)格差という言葉が、南と北という地域構造から、グローバルシチズンと取り残された人々という属性に別れるようになった。


4)基本的にリベラリズムが広範に浸透しつつある世界では、公平・平等が見かけ上そろいやすいので、最終的にはその人の内発性による自己責任という自由の問題に行き着く。リバタニアリズムやネオリベラリズムといわれる話ですね。


社会規模の問題解決が、大きな枠組みで深刻なカタストロフに向かわないこと、解決が容易ではない複雑かつ大規模になって人々に認識しにくくなっていることで、、、、要は、言い換えれば、勇者になったり英雄になったりする、自己成長の物語が、説得力を持たなくなっているんだよね。そんな中で生きることはサバイバルにはなる暗い残酷で厳しいのに、そもそも生きる気力や目的が見出しにくいというのが現代。


その中で、僕らの生活世界はどうなっているのか?


わたしは、ダニエル・ブレイク (字幕版)

わたしは、ダニエル・ブレイク (字幕版)

  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: Prime Video


様々な角度で物語が描かれているのですが、一つは、『わたしは、ダニエル・ブレイク』のようなプラットフォームに依存すると、どのように人生がいざとなった時に破壊されてい(苦笑)のか、という来るべき世界への警告。これは、人間の幸せにとって重要な親密圏の絆が、アマゾンやFacebookUberでもなんでもいいのですが、市場原理によって形成されている巨大プラットフォームに依存させてしまうと、いつ何時破壊されるかわからない。また、少なくとも「親密圏の絆の形成」に対しては役に立たない、、、むしろ個々人を分断するメカニズムが働いているよと警告するものです。本当にそうなるかどうかはわかりませんが、ここで語られていることのコアのポイントは、「親密圏の絆の形成」が、個人の幸せ、人間の生活世界においては、最優先事項のものであり、それの形成、維持、発展に資さないものは、ダメだという感得です。


この話、どっかで聞いたことがありません?


難しいことで話したんですが、、、、、2010年代は、2008年のリーマンショックなど経済不況が起こり、先進国の特権的立場が崩壊して、相対性貧困が広がったこと・・・・もう少しくわいく言えば、グローバルシティズンとして生き残れる強い動機、内発性を持って、、、それを育てられる文化資本、、、ピケティみたいな感じですね、を持った人々のみが勝者になって、その他の「取り残された人々」は打ち捨てられた世界で、経済的にも文化的、、、魂の問題ですね、格差の底辺の位置する惨めの充実しない人生を送るしかないという感覚が、広く共有されたんだろうと思います。


僕はこの話を、高度成長が終わったので、「努力が報われない時代になった」という言い方をしました。「頑張っても報われない」がメインメッセージです。こうした頑張っても「自分自身が報われない」ような残酷な世界で、それでも生きる理由は何か?ということに対して、「貧困から絶望的に抜け出せない世界」に生きていても、実は「親密圏の絆にコミット」すれば生きる価値は十分に生まれるし、価値はあるというメッセージが裏に生まれてきました。逆に言えば、相対的貧困であっても、「親密圏の絆」が壊れたいたり、分断されていたり、得られる希望がないと、その地獄はたとえようもなく厳しくなるともいえる。基本的に、近代社会は、分業且つ分断で自己責任の時代なので、コミュニティ(親密圏の絆)、言い換えれば基礎の家族などは、自然発生的にはうまくまわらない。この「壊れているさま」が2000年代は、激しく注目されてきたように思えます。そもそも、親密圏の絆が自然発生的になく孤独でボッチで生きているのが、我々の基本スタートラインなのですから。


この話が、10年代の日本の中では、主に2つの階級闘争的な二元論にして、表現された気がします。


一つは、世代論です。要は、高度成長期を生きた逃げ切った団塊の世代の人々と、その子供の団塊のジュニア以降の世代の対立です。団塊の世代という老害と、それに踏みつけられ搾取される若者世代です。ニート問題とかはこれでしたね。搾取と支配の物語。自立と依存の物語。親世代に搾取されるアダルトチルドレンの物語。

petronius.hatenablog.com


もう一つは、魂の格差問題。要は自己責任論です。いろいろなものは揃っているのだから、「自分自身の内発性、動機を高めて」生き残れ、という例の話です。この時には、言ってみれば、強い動機を持つ人と、そうでない人に世界が二分されます。これを学園ラブコメに展開したのが、リア充VS非リア充、モテVS非モテだったと思います。これは、勝ち組とか負け組とか、世の中のあらゆる価値を至上の評価、「損か得か」で計量して判断しようとすると、生まれる二元論の罠です。経済的に勝っていても、魂は地獄というケースは十分にありうるので、実は、この分断の設定は、ほんとうは単純じゃないけど。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 渡航著 (1)スクールカーストの下層で生きることは永遠に閉じ込められる恐怖感〜学校空間は、9年×10倍の時間を生きる - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 渡航著 (2) 青い鳥症候群の結論の回避は可能か? 理論上もっとも、救いがなかった層を救う物語はありうるのか?それは必要なのか?本当にいるのか? - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』8‐9巻 渡航著 自意識の強い人が、日本的学校空間から脱出、サバイバルする時の類型とは? - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために


これらの問題意識は、当時の局面局面では、非常に正当性があったし、現実にミートしていましたけれども、既にこの風景は、2010年代の10年間を過ぎて、古臭くなりつつあるように思えます。それに従って、物語での表現も変わってきている気がします。


ただ大きな枠組みとして変ってていないのは、2000年代、2010年代に大きなパラダイム転換があって、人々が生きている環境の過酷さが格段と跳ね上がっていて、その前提条件として「頑張っても報われない」中で、どうやって生きていけるかというサバイバルの問題意識が強く前面に出てきています。これは、その前の高度成長時代の、希望をベースに頑張って報われるという楽さとの「落差」で表現される時に、最も見事な輝きを帯びるようです。


あまり難しいこと言っても仕方がないのですが僕の思考の履歴は、こういう背景の違いがあって、その中で、学園ラブコメはどうなっているのだろうか?、そして、これを読む中高生の若者はどういう問題意識を持っているのだろうか?、この物語の世界の中にいるヒッキーたちは何に苦しみ喜んでいるんだろうか?というのを考えるのに、こうした隠れた背景は、重要な思考のスタートポイントだと思うんですよね。


そして最初の問題意識。ヒッキーは、充実していない、、、、こと自体は、実は、既に彼は諦めているような感じがあります。これ、ワタモテでもそうなんですが、主人公の自意識の空転具合や、やる気のなさの斜に構えた姿は基本に思えます。最初の記事で語ったように、このやる気のなさ、不遇感を、学園ラブコメ形の物語は、恋人といれば幸せになれると考えましたが、その恋人の数が際限なく増えていくハーレム状態に至って、どうも恋人がいても、世界が閉じるだけで、あまり幸せになれないことに気づきました。恋人とのドラマトゥルギーは、ロミオとジュリエットのような対幻想、、、、自分を「全肯定する」か「全否定」するかという話になってしまうので、自分の居場所としては極端ケースすぎて、受け入れにくいんだろうと思います。


よく「ありのままの自分でいい」とか言いますが、恋が成就してしまえば、次に来るのは生活で、例えば、高校生のカップルならば、端的に「生活するお金がない」という問題に突き当たって、親に家族に支配されている構造から抜け出るのはほぼ不可能です。なので、このルートでは、日常生活のまったりした幸せと居場所、自由が感じられなくなると僕は思うのです。恋が激しければ激しいほど。「ありのままでいい」といっても、働かないと食っていけません。貧すれば、恋は簡単に輝きを失います。


いったん、こちらのルートの評価は置いておいて、じゃあ友達がいい、となりました。この学園世界で友達を探す過程で、友達を作るときに問題となる学園世界のルールと問題が提起されました。リア充やほんとうの友達は何か?という問題です。


リア充と非リア充の対立をどのように超えるか?


という定番の、リア充が恵まれているんではないか?、奴らを倒せばいいのではないか?、もし食いは奴らの秘密を知れればリア充になれるのではないか?という問いかけが、まずなされましたが、これらは全て失敗します。前回に書いたように、比企谷八幡葉山隼人の対立を通して見たそれは、リア充また空気の奴隷であり、結局は、不遇感を持って生きている同じ存在に過ぎないのだということが気づいてしまったからでした。そもそも敵じゃなかった。下手したら相互補完できるので、理解しあえれば同士になる可能性すら高い。属性が違うと、仲良くなるのは難しいのですが(笑)。


行き過ぎましたが、俺ガイルのこの意識の解決は、時代的でした。「奉仕部」という居場所を作る。その活動で学園の問題を解決していく過程で、リア充、非リア充に関係なく、学生生活は問題を抱えている者もで、全てにおいてキラキラしている人なんかいないんだってことが、問題解決のサブエピソードで、あからさまになっていくわけですから。比企谷八幡葉山隼人の対立の話は、男同士でしたが、由比ヶ浜結衣との関係が、友達と恋人の典型的な手順を沿っていて、この二人お似合いだなーとしみじみ思っていました。というのは、要は、クラスカースト最上位と最下位(笑)ラブコメになるわけですよね。お互いにとって共通の目標と居場所ができているうちに、それぞれの「違いの良さ」に相性の良さに気づいていくわけです。嫌ったら相性最悪ですが、好きになったらこれほど違う部分が魅力的なことはないでしょう。


八幡は、確かに空気の奴隷にならずに自分で動ける人ですが、それ故に一人ぼっちになりがち。ゆいちゃんは、空気が読め過ぎて、時々自分の意思か空気の奴隷かわからなくなってしまうけど、その敏感さこそが、仲間を大事にする繊細さでもあるんですよね。


この二人の相性が悪いはずがない。お互いの良いところに気付いて信頼できたら、一発で恋をしちゃうのは、当然だろうと思うんですよ。


ゆいちゃん強すぎ。ガハマさん最強と、LDさんが良く叫んでいましたね。


リア充の彼女が、ヒッキーに惚れていくプロセスは、それはそうだよね、との納得感。


と、ここまでなら、通常のラブコメの話で展開するんですが、ややこしかったのが、


2)雪ノ下雪乃という女の子を救うこと-ラブコメは学園を超えられないので家庭の問題には踏み込めないのをどう超えるか?

これも定番ではあるんですが、奉仕部が女の子二人で、三角関係のラブコメに設定されていたことなんですよね。ラブコメの面白さは、どちらも深い関係を気づいてしまうと、どっちを選んでも、最愛の次に来るような人を深く傷つけるので、選べなくなるって構造ですが、、、、この構造には、とても難しいものがセットされていた気がします。

というのは、奉仕部というのは、この時代の居場所をなくした不遇感から、その不遇感を解消しようというドラマトゥルギーで作られている場所です。ここでの文脈は、恋人ではなくて友達が欲しい、、、、「安定して帰属できる居場所と絆」の確保という問題が重要視されています。僕はこの話が、学園の外に出るとお仕事ものになると思いました。お仕事物も「居場所をどう確保するか」の話だからです。『ハイスクールクライシス』や『ニューゲーム』『冴えない彼女の育て方』の話でしました。学園は卒業という終わりが来るけど、お仕事は終わりがない問い感じでした。

petronius.hatenablog.com

petronius.hatenablog.com


しかし、あれはあれで、能力が必要!!という身も蓋物ない制限条件があるのですが(苦笑)、学園物では、あまり展開を進めないために、、、、言い換えれば高校生、中学生などの許される範囲内での居場所の確保が前提になりました。先ほど言ったように、恋が愛に進んで、結婚や、セクシャルなものとその果ての妊娠というのは、学生では財力がないので進みにくいのです。百合ものでもゲイでも同じです。世の中と戦って、生活圏を維持するには、金と能力が必須なのです。もちろん、財力と能力があれば、なんでもありになってしまいますが、それは普通の高校生には、共感できません。


なので、ヒッキーとゆいちゃんのパーフェクトカップル(笑)にとって、前提条件で「3人で初めた奉仕部という居場所を壊さないこと」が、とても大事なことになるんですね。これ自体は、よくわかる構造です。恋を進めないならば、せっかくできた奉仕部という「ほんとうの友達の関係性」が大事に決まっているじゃないですか。


でも、


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』青春ラブコメの「ラブコメ」の部分。


そんなの、こんな恋関係性の深い「友達」になって、恋に進むなってのは、酷な話です。


で、ヒッキーと雪ノ下雪乃のラブコメが展開します。が、ここに大きな落とし穴があった。この黒髪ロングヘアーで大人な姉様キャラって、口説き落とすには、、、恋や愛に話が進むには、ものすごい難しい高難易度攻略キャラなんです。学生の身分では、とても落とせない心の闇が広がっている(笑)。

まんま小笠原祥子にも言えると思うんだよね。彼女の人生の問題点が、小笠原財閥の一人娘で直系であるということを抜きにしては語れません。いや、彼女の存在意義の過半を占めるといってもいい。それは何にも彼女自身に救いをもたらさないが、彼女の「人格」はこれによって形成されているし、彼女が「一人娘」である限り、この血の呪縛から逃れることはできないんですよ。



彼女という人格にとって、「本質的な自由」を得るためには、ここを乗り越え解決しなければならない。しかし、これは個人の気持ちではどうにもならないほどの、マクロの縛りなんですね。


そして、当然「このこと」が深く理解できるのは、身内だけなんだよね。ちょっと詳細は忘れてしまったけれども、一時期はフィアンセだったことを考えると、幼少時から柏木優は、小笠原財閥を継ぐ覚悟を求められていたわけで、一番その「意味」が分かっているのは、彼なんですよ。このドラマツゥルギー、いいかえれば、小笠原財閥の後継者問題と家の業を主軸テーマに考えないと、小笠原祥子の救済が描かれなかったも同等なんですよね。ただ、これが、穏やかな癒しに満ちているマリみてシリーズでは、非常に取り上げにくいテーマであることは間違いない。少なくとも、主要な読者層を置いてきぼりにする可能性が高い。だからこれを避けたのは、決して間違いであったとは思わないですが、僕は、「そういうもの」が好きなので、残念に思ってしまうのです。

ただちょっと考えてもコバルトでは描きにくいテーマですよねぇ。確かに。家の問題ってのは、もう年齢層高い話で、すっごくしがらみが大きいし、そもそも血を残すことが重要なんで、はっきりいってセクシャルなものを避けては通れない。優君が、祐巳ちゃん(仮にその弟でも(笑))が好きならば、それこそドロドロですよねぇ(苦笑)。

同時に僕は思うのだけれども、この手の百合関係には心を閉ざした大金持ちの娘ってよく出てくるんだが・・・見事に、その類型ですよね、祥子って。ロングヘアーに黒髪で、ツンツンキャラ。そして、家に縛られているということは、この手のキャラは、とっても「心を閉ざしている」傾向が強い。かつお金持ちの家の、しかも良い遺伝子を持っている場合は、年齢以上に大人びて(家のあり方がその人を年齢以上に大人として振る舞うことを要求する)、且つそれを支えるだけの頭の良さがあるので、内面が複雑に屈折する場合が多い。


petronius.hatenablog.com


一言で言うと、ゆいちゃん強過ぎ、でも、ゆきのんがヒロイン。と言うこと(笑)


彼女を救済するには、ラブコメものにおいてこの手の有能ヒロインの背後にある「家庭の問題」まで踏み込まないとダメなんです。けれども、それは、学校生活における居場所をの破壊につながる行為なんですよ。「学園カーストの空気」をテーマにおいて、リア充を敵視した物語においては、これは難しく、かと言って社会人編あ、お仕事物的にジャンルを超えて「社会人編」まで描くのは、邪道。だって、学園ラブコメってタイトルあるんだもの。『ホワイトアルバム2』ではダメ。これも一つの巨大な系なんですが、既にホワルバ2で踏破されているし、やっぱり、学園を舞台に、解決策が見たい。だって、学園の世界で充実を探す物語なんだもの。俺ガイルは。お仕事系に展開した作品とは違うルートが見たい!。


ホワイトアルバム2 PV2


そこで、マリア様が見てるの問題に戻るんです。構造はこうです。


ゆいちゃんとヒッキー、ゆきのんは、「ほんとうの友達になれた」。この希少な「居場所」を壊したくないから、このままでいたい。


でも、三角ラブコメの定番で、お互いを好きになってしまったので「このままではいられない」。


この「このままでいたいのに」「ここままではいられない」と言うのは、「ほんとうの友達」になった分だけ、ゆいちゃんが特にゆきのんに対して「公平でその人にとって幸せであって欲しい」と言う意識が働くだけに、より強くなります。


ここで課題設定は2つ。


1)学生では解決つかない、雪乃の家庭の問題まで含めてどのように、「高校生の間に(=今)」解決するか?


2)それによって、雪乃のストッパーが外れてしまったら、ヒッキーは、誰を選ぶのか(もしくは二人はどうするのか?)


これが、ものすごく答えにくいものであるのは、当初からわかっていました。一つは、雪乃自体が身を引いている感が強いのは、彼女の家庭の問題というのは、あまりに重く大き過ぎて、学生が解決できるような問題ではないから。そもそも不可能だと思っている。だから本人に解決する動機が弱い。なぜなら、ゆきのんにとって、家庭の問題を本気で解決してもらうのって、ほとんど「ヒッキーを選ぶ、選ばれることになる」から、、、それはすなわち、ゆいちゃんを切り捨てることになるので、「ほんとうの友達になれた」「限りなく最も人生において大事な心の拠り所、居場所」を破壊することに他ならない。



ゆきのんのお姉さんの雪ノ下 陽乃が、いきなり共依存などという、訳のわからない言葉を出しているが、、、、これ自体は、そもそも当てはまらないに、だからどうだっておもうんですが、、、彼女の言いたい意図は、わかります。要は、


ヒッキーに協力してもらうのって卑怯じゃない?(笑)(自分にはいなかった)。


というのと、


問題の大きさから言って、人生をかけて向き合うこと(家の後継者問題・職業の話)なので、高校生のボーイフレンドに頼む話じゃないので、永続性がない。


12-14巻は、全体的にかなり混乱しているし、表現も曖昧なものが多いのは、作者自身が、2010年代の代表作品であるこの作品に、同決着をつけるかが、ゴール地点は見えつつも、それでいいのか、という自問自答が激しく繰り返されているのが文章の密度からか垣間見えます。


僕は、前の回で、一色いろはの生徒会長立候補を手伝うのは、それは悪手だよ、と思いました。


petronius.hatenablog.com


それは、「生徒会のお仕事と居場所」が、ヒッキー、ゆきのん、ゆいの3人の学生生活における最も安定した「居場所になる」し、「変わりたい」けど「変わらないまま」でいられる学園三角形ラブコメの基本構造だからです。それでいいのに、なぜ、わざわざ、「それ」を壊すような行為をする訳???と。雪乃の目標は、優秀なお姉さんを超えて、政治家である父親の職業を継ぐことだとすれば、このキャリアは、必須のものだったはずです。それをわざわざ執行部になって、ゆきのんの武器を減らすのは、愚の骨頂です。こんな「わざわざテンプレートに逆らう」のだから、それ以上の何らかの落ち着き先、解決策があるんだろうな?と読者は思ってしまうじゃないですか。いや実際、その先は考えていたんだなーと感心しました。


12-14のプロム編は、これらの問題を限りなく全て同時に解いています。いや、さすが、と思いましたよ。


まず大きいのは、これが「学園ラブコメ」だってことの意義を忘れないで、雪ノ下家の「家庭の問題」を全て高校生の次元で対処している。なので納得性がある。もう一つは、にもかかわらず、家の問題を抱えた子を攻略するのに、「家の問題と人生そのものまで踏み込んで」解決しようとする問題を全てちゃんと明示していること。この場合高校生であるヒッキーには、打てる具体的な手が、ほぼ完全に皆無に近いことを、その絶望をちゃんと示している。葉山くんは、だから何もできなかった。とらドラの時から、ずっとこの選択肢の問題は考え続けていましたが、目が覚めるような鮮やかな解決方法だったと思います。

petronius.hatenablog.com


ヒッキーの空気を読まないではすまない、常識や社会のルールの押しつけに対して、その前提をひっくり返す行動を示していること。ゆきのんのお母さんとの交渉ね。


家の問題をクリアーして、ゆきのんをその苦悩から解き放つことは、ラブコメにおけるほぼ不可能に思われていた攻略をやってのけたこと。それがすなわち、事実上の「あなたの一生に関わります宣言」が必要なでプロポーズになっていること。だから、あの暗くジメジメしていた(笑)ゆきのんの、この問題が解決した後の、可愛さったら、破壊的です。人間、心を支配する苦悩が取り除かれたとき、それを共有してくれる人に出会った時に笑顔が、どれほど美しいか、よくわかります。これ葉山くんが、まさにやろうとしてできなかったことだから、すなわち、リア充に打ち勝った話にもなっていて、まさに俺ガイルの基本系でもあるんですよね。既に作者は、そんな二元対立古いって切って捨てていますが。


ゆきのん、そりゃあ、あんな固くて孤高の子が、腰砕けになるほどメロメロになると思うよ。


だって、あなたに僕の人生を捧げます、と宣言して、それを行動に起こして、リスクをとって周りを変えてしまうんだもの。


こんなの見せられたら、、、、そうこれは、既に恋の次元じゃない。愛に足を踏み入れていると僕は思う。だからとても美しいものを見た、とグッときました。映画アメリアの旦那さんの時に思ったお話。好きな人のために、すべてを捨ててサポートに回るということ。最近見ている、『ザ・クラウン』の王配の話もそう。男性が主で、女性がサポートであれば典型的な話なんですが、いまの時代は、たいてい主が女性になるところが、時代的だと思う。


petronius.hatenablog.com


僕は、恋と愛の違いを考えるときに、時系列的に少なくとも「愛には責任が発生している」と考えているようです。これは僕の勝手な価値観(笑)ですが。「好きな人を本当に愛する」というのであれば、責任を持つこと、その心の問題の本質に深くかかわって、できうるならば救済までかかわること、そうありたいと願い、人生を捧げること、それが「恋」という一時の熱情ではないものであることを示すこと。


だから、学生には不可能なんです。ほとんど。


具体的なケースで考えると、相手を養えるだけの金がないとダメだ!と言っているわけですから(笑)。なので問題の構造は、明白。お金がない、物理的な権力がない状況で、愛を実現するための方法を、、、何らかの「家庭にまで踏み込む救済」を、どのように納得感をもって実行に移せるか、です。そうか、そういうことだったのか、、、と、ヒッキーのプロム開催の手順や、ゆきのんの母親を交渉テーブルにつかせるまでのはったりには、感動しました。もちろん、はったりです。所詮は。しかし、人の説得は、うそをついたりうまいはったりを言えればいいわけではありません。現実は、そんな甘くはありません。権力は、たいてい暴力と金でしか動きません。しかし、、、、、その本質は、このうそをつくまでのプロセスに、本気を示して、リスクを取り巻くなったことでしした「覚悟」がゆきのんのお母さんと、お姉さんに感染したことにあります。この感情の本気の覚悟の感染のプロセスが、ほんものだったからこそ、保留状況を勝ち取れたのです。ヒッキー素晴らしい。なんてかっこいい男の子なんだ!。抱いて!。いやマジで、僕こんなの好きな相手に見せられたら、抱いて!(笑)って思うと思う。もう、付き合う付き合わないとか、そういう細かいことはどうでもよくて(笑)。


・・・・・ここまでの射程距離で雪乃の問題を解決していながら、学生の範囲を一切出ていない、社会人編までもいかないで解決に持って行ったのは、見事としか言えない作品でした。


そしてすごいのは、、、、


学園ラブコメとして、これすべてがリセットされて、寸止め状態に戻っているんですよね。


なので、形式的には、ゆいちゃんとゆきのんとヒッキー、、、しかもいろはまでワンチャン残している(笑)。この後長い人生、なにがあるかわからない構造になっているじゃないですか。


もちろんゆきのんは、千葉で政治家目指すでしょうし、ヒッキーも手伝うでしょう。でも、その手伝い方は千差万別だし、この覚悟を実行力と示している時点で、もう別の可能性を10年後とっていても、おかしくはないんですよ。何というか、覚悟によってフリーハンドと状況を獲得した訳だから。


これ、見事なエンターテイメントとして王道で終わっていますよね。だって、形上は、誰も選んでいないのだから。誰もが納得のハッピーエンドですよ。かといって、事実上ゆきのん、えらんでるし、えらんでもらっているじゃないですか。


エンタメとして、高校生のうちに、家庭の問題に切り込む方法を示したことでも、この問題意識がないとダメなんだ!と学園ラブコメに埋め込んだこと、、、、これらの作品が「ほんとうの友達を求めての居場所確保」に青春ものであるということをちゃんと弁えて大前提にしていること、、、、などなど、本当に時代の結晶のような作品です。


しかも、全てにオチをつけていながら、エンタメとしての王道感を失っていない。


納得の結末でした。


この2010年代を代表するライトノベルにしてアニメは、居場所を失った不遇感を、どうやって取り戻すかの、見事な具体的な方法を示しています。抽象的答えだけでなく、エンターテイメントとしての王道感を失わずに。


リア充や非リア充やモテ非モテは、虚偽の問題構造。ほんとうは、同盟者になれる「自分が持っていないものを持つ重要なパートナー」。


ほんとうに重要なのは、学園カーストの一時的な身分や役割ではなくて、空気や常識の奴隷にならない自分の意志を通せる意思と行動力。


ほんとうに大事なものを獲得するためには、孤独を通り抜ける必要がある。


「ほんとうの友達と居場所(親密圏の絆)」を確保した後は、さらにもっと深く関係が深まる契機になって、さらに苦しみ悩む。


けれども、深く掘り下げられた関係性からは、様々な未来の可能が豊穣に眠っている。それを前に進めるのは、深い根気と、自分を貫く行動力と意志(あ、反復だ)。


です。だって、プロム編でつちかわれた、先輩、後輩、友人、恋人あらゆる関係性は、既に「本物」です。それは、ヒッキーたちの人生を、さらに豊かにしてくれる価値がある絆になるにきまっています。


そして、千葉で政治家になろうとしているゆきのんには、それにかかわる、ヒッキーには、計り知れない「将来のお仕事」のアセットとなるでしょう。


最後に、千葉という空間に、、、、仮に価値があるものが何がないとしても(そんなことないけど)、、、、彼らの青春時代にかけた膨大な試行錯誤の時間と関係性の「本物」が、そこを唯一無二の故郷することになるでしょう。グローバルでリベラルな現代の問題意識は、言えれ変え可能性。いいかえれば、「ここでなくてもいい」です。どこに行ってもいい。けれども、故郷には、オリジナルな刻印が欲しいです。だって、人間は、そういう生き物だもの。自分の唯一性を感じたいじゃないですか。千葉に、あなたは感じませんか?この物語を読んで?。僕は、感じました。ヒッキーたちがいる千葉って、素敵だな、と。


素晴らしい、青春のお話だと思いませんか?


ヒッキー自体は、いわゆる非リア充の、自意識空転系のぼっちな若者でしたけど、、、、そして、その属性や本質はあまり変わっていませんが、、彼を取り巻く関係性はすべて、本物になっていますよね。学園ラブコメのテンプレートを使って、2010年代に、充実する学生生活の過ごし方を、充実するために本当に何が必要か、ということが、ちゃんと伝わっていると思います。そして、その時あげられた問題意識、自意識の空転は悪か?、いや、自意識強いのは行動に移せれば空気の奴隷になり下がらない価値がある。リア充は、へたしたれら相性最高。だって、お互い持っていないものを持つパートナーになれる可能性が高い。仲良くはなれないけど(笑)。本気でかかわった、つくった居場所は、生涯価値のある「本物」を提供してくれることになる。そして、ヒッキーのように、学園カーストの不遇な世界で何かを為そうと思ったら、「空気や常識に従属しないしと行動力がいる」こと、「普通じゃないことをひっくり返すには自己犠牲も含めたアイディアが一ひねりもふたひねりもいること」、「物理的にどうにもならないことでも絶望を知り、ゲームのルールを見通して、覚悟を示すと人を動かし感染して状況をひっくり返す可能性は十分にある」などなど、めちゃくちゃ生きるヒントあふれていると思う。


ここまでやったら、生きるに値する親密圏の絆がある世界を生きることになるよ。


いやーいい小説だった。


良かった、書き上げられた。誤字脱字、論理とかめちゃくちゃだろうとは思うけど、、、いつものごとく。でも、書きたいことは吐き出せた!


渡航さん、素晴らしかった!素晴らしいも物語をありがとうございました!


10年近く追って好きだったかいがあります!



Academia/最近の動向+後半・俺ガイル最終巻感想 2019/12/07

2019年まとめと2020年代の展望


Academia/2019年まとめと2020年代の展望 2019/12/29

2019年のまとめを話しました。2010年代の総決算として、けっこうまとまって話せたのでよかった。まとめると、2019年は、新海誠『天気の子』と山崎貴アルキメデスの大戦』が、セカイ系に対して、終止符を打ったという年、というのが日本のエンタメではまとめかな。あと、今スターウォーズのシリーズ9作目かな、が酷評されてる。明日観にいくつもり。有名作レベルはなるべく直に立ち会いたいので、劇場で見れて満足。15日からは、米国公開なので子供と『天気の子』もう一度見に行こうと思う。


映画は、約51本観た。昨年に引き続き、ほぼ同じ数なので、1週間に1本のペースが現状のマックスの模様。まぁ、これに、漫画、ライトノベル、アニメ、その他本、アメリカのドラマ、リアリティショーとかが加わるので、全体的にはよく観ているなとは思うけれども、映画の数としては少なすぎるなぁ、、、もう少したくさん観たい。今まさに、物語の物語の6ー7巻(最終巻)がコミケで出ているので、2年かけた同人誌が終わる。LDさんが、インプットを増やすと息巻いていたのですが増やしたい。2020年の目標は、これを超えるようにしたい。がっつり超えるには、生活の時間配分の見直しが必要。頑張ろう。計画的にインプットをコントロールしたい。



2019年の映画の一番は、かなり古い映画だけど、『スカーフェイス』。

スカーフェイス (字幕版)


2019-2-20【物語三昧 :Vol.5-1】『ブレイキング・バッド(Breaking Bad)』シーズン1-2

『ブレイキングバッド』は、見たくて計画的に見て、そんで素晴らしかったやつなので、めちゃよかった。アメリカのドラマでは、最高峰だと思う。みんな見るべし。今のアメリカの「どうにもならなさ」を表していて、なぜトランプ政権が生まれるのか、なぜリベラルな理想に対して激しい憎悪が積み上がるのかなどがなんかわかる気がする。まぁ、中産階級が壊れて、格差が広がっている様がよく見える。『スカーフェイス』は、ブレイキングバッドの原型というかモデルの一つとして挙げられていたので、その経緯というか物語の展開が見れてよかった。あとは、テイラーシェリダン監督の3部作。ウィンドリバーが、素晴らしかった。この文脈というのは、角度が違うし文脈が違うけど、アメリカにおける新世界系といってもいいと思う。


2019-11-29【物語三昧 :Vol.42】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』2010年代を代表する名作~残酷な現実の中で意味もなくどう生きるのか?with LD -47

あとはやはり新世界系が結論出ているオルフェンズを詳細に見れたことだと思う。


もう一つ、素晴らしかったのは、ラジオでも最後の方で話したけれども、ビルゲイツのドキュメンタリー。これは素晴らしかった。マクロで世界を見るということがどういうことか、これでもと示されていて、世界にはこういう一人脱英雄譚というか、世界を進歩させて改善させるような凄い人がたくさんいるのでと、いやーなんかすげぇ感心。



Netflix's Inside Bill's Brain: Decoding Bill Gates - Intro Title Sequence


今年は体も壊さず、なんとか潜り抜けた。来年ももっといろいろアニメや映画を見たい。今年もありがとうございました。来年もよろしくです。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12-14巻(1) 空気の支配を受けないのが本当の友達

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (14) (ガガガ文庫)

客観評価:★★★★★5つマスターピース
(僕的主観:★★★★★5つマスターピース

Youtubeで話をまとめておきたいと思う。これ、リアルタイム最前線で追えた時代を代表する作品だと思う。2011年から2019年までの連載。事実上2010年代を支配した、大きな作品だと思うんですよね。僕はこの作品を見るときにずっと、2つの大きな問題意識を持ってきました。まだまとまっていないので適切な言葉かわからないのですが、

1)リア充と非リア充の対立をどのように超えるか?

2)雪ノ下雪乃という女の子を救うこと-ラブコメは学園を超えられないので家庭の問題には踏み込めないのをどう超えるか?


この設問は、2010年代のエンターテイメントの主軸の問いかけで、かつ「いまだきちっと答えられたことがない」問題でした。少なくとも、僕は、見たことがなかった。しかし、このメジャーな、3期までアニメ化して描き切られるほどの時代的な作品で、しかもライトノベルがエンターテイメントの最前線で代表的な位置だった時に、この難問を設定し、それにすべて、きっと読者も納得する形で、時代に並走しながらすべて応えきりました。渡航さん、凄いクリエイターです。僕は、この作品とともに過ごせた、幸せを忘れないでしょう。


1)リア充と非リア充の対立をどのように超えるか?


この問題には、様々な時代の空気や問題意識が隠れていました。自意識の空転問題、非モテや「救われない層をどう救うか」など、どうしても充実できないらだちにどう答えるか、がさらに奥のレイヤーだと思います。こうしたいらだちが深く共有される中で、「日本的学園カースト」と「空気に縛られる病」への告発という形で、問いは展開していきました。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 渡航著 (1)スクールカーストの下層で生きることは永遠に閉じ込められる恐怖感〜学校空間は、9年×10倍の時間を生きる - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 渡航著 (2) 青い鳥症候群の結論の回避は可能か? 理論上もっとも、救いがなかった層を救う物語はありうるのか?それは必要なのか?本当にいるのか? - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』8‐9巻 渡航著 自意識の強い人が、日本的学校空間から脱出、サバイバルする時の類型とは? - 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために


ココロコネクト』のところでも書きまくっていましたが、この問題意識は、ライトノベルに2010-2020年のこの10年にライトノベルに集中していたように僕は感じます。なんでだったんでしょうか?。まだ言葉になってはいないのですが、思考の履歴としては、「充実していない自分」というものを認めた時に、充実しているように見える「敵」を探し出して、その分裂と対立を揶揄したりすることで、この問題意識を炙り出していったのだろうと思います。善悪二元論における、敵と味方、悪と正義みたいなものですね。このタイトルが、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』であるように、学園の世界で、ラブコメのエンターテイメントという舞台から、日本的空気の支配者である学園カーストの上層部・・・・リア充を敵視しようとするのは、非常に納得の構造です。


まだ整理できてないのですが、問題の構造として、


1:リア充自体が敵である(本当に敵なのだろうか?、彼らを知っているのだろうか?)


2:非リア充非モテである自分の自意識の空転自体が敵である(自分で気づかなければならない)


この2つのレイヤがあって、俺ガイルは、1)について突っ込んで、答えにたどり着いた作品でした。ちなみに、2)の自分自身が「自分で自分を苦しめているのだ」という認識にいたる話は、ずっとトラウマの世界の留まり続ける永田カビさんのエッセイマンガ(これは、エッセイで物語ではないですが・・・・)や、その自意識をユーモアにして笑う(自己相対化)類型のたとえば『巴マミの平凡な日常』などを思いつきます。これランダムに適当に上げていますが(笑)、言いたいことは、自意識の空転の領域に留まり続けると、とんでもなく苦しんで、苦しみ続けて出口がない感じで、このステージにいると、とにかく苦しくて、どんな救いの手も拒否してしまいますし、とにかく選択肢がない。なぜないかといえば、自分自身で何がしか変わろうということを拒否しているから。同じ問いかけをずっとグルグル繰り返すことになります。それでは、救いようが無く物語になりにくいので、この類型には、そういう自分を相対化して笑ってしまおうという方向性もあります。巴マミさんのあの絶妙な、30才超えたOLな自分への揶揄は、笑ちゃいます。ちなみに、自己相対化できて、自分を客観化できれば、実はそこからの脱出にもう少しなんですよね。脱出するのも地獄(現実を突きつけられなどうにもならないことを認めるわけだから)、それがいいのか、実は微妙なんですけれども。解決に向かったという部分では、『ココロコネクト』と『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』が思い出されます。


さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

巴マミの平凡な日常 (7) (まんがタイムKR フォワードコミックス)


特に、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』は、傑作だと思っていて、永田カビさんバリに、トラウマの自意識の空転を極限まで推し進めて、それを執拗に描いていて(笑)、本人は、全く努力もしないし、何も変わらないのに、世界が変化していく様を見ていくのは、とても興味深い連載の展開です。これこそ、ドラマトゥルギー(物語の自然な展開の圧力)だ!と思います。もちろん、子供時代のトラウマにとらわれ、自意識が空転してしまえば、、、、一度そうなってしまうと、「そこから抜け出ること」はほとんど不可能に近い困難なものになります。この自意識の地獄、ナルシシズムの地獄(ナルシシズム=思い込みの世界から抜け出せないのが悪いとは言えません。人間はそういうものだと僕は思います)から具体的に抜け出る方法は、よくわかりません。たぶん、個人の話になるので、一般化して語れる話ではないのでしょう。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (16) (ガンガンコミックスONLINE)


ただリア充敵視というものが、何に結び付いていたかで、実はこの「抜け道」を求めての旅の履歴がわかります。


リア充爆発しろ、という言葉は、まず端的に言って、「恋人とイチャイチャしている」ことへの揶揄といら立ちであったこと、物語の世界では、ラブコメに結び付いてたと思います。いいかえれば、恋人がいれば、できれば、この自意識の地獄、充実しない不遇感から抜けられるということです。


しかし、これは、非モテ・・・・もてないということに代表されるように、「そもそも不可能だ」という結論になります。また、もちろん、どんどん「何の理由もないのに主人公が女の子から愛される」ハーレムメイカーというような、ハーレム構造に行き着くことにもなりますが、これにはみんな「納得がいかなかった」ように思えます。欲望は満たされますが、「愛される理由がない」ので、充実が訪れないからです。言い換えれば、充実は、「自分が納得して、これでいいんだという肯定感」なので、何の根拠もなく女の子たちから愛されても、それは負担でしかありません。なのでこのハーレムメイカーという構造から、男の子が消えて、女の子同士の日常系になっていくことからもそれはわかります。


また、ちなみに、その女の子同士ということでラブコメが展開するドラマトゥルギーが働き、百合ものが展開しますが、これもまた女性同士という「困難さ」が世の中に認められて普通になってしまうと、同じ設問に戻ることになります。『桜トリック』でお話ししましたね、これ。


petronius.hatenablog.com


もてない人は、どうすればいいのか?。と。


ちなみに、僕の考えでは、「なぜラブコメはだめなのか?」「異性に救済される・する」ではだめなのか、というのは、なんとなくですが、「一人の人間と真剣に向き合って」「関係を深めていく」と、どうしても「いまのままではいられない」こと・・・・相手の本質トラウマに向き合ってそれを救済(変える)ことをしなければならないし、それは同時に自分のトラウマと向き合って自分を自分で救済する必要があるので、「そこまでヘヴィー」なことはしたくないし、そもそも自分の「現状の心の傷・トラウマに直接向き合って直視する勇気」がない問題がすべての根本なので、このドラマは、難しいんです。かといって、「そこまでアクセルを踏み込まない」で、ハーレム状態でちやほやされているのも、人間にとっては、実は「変わらない自分が常に背後から告発されること」になるので、この辺りは難しいところです。



さて、では、、、、これが面白いですが、リア充になるために必要なのが、恋人でなければ、何なのか?と考えた時に、この答えが



友達



になるんですね。


第12話 「僕は友達が…」  そうか、恋人じゃなくて、友達が欲しかったんだ!これはびっくり目からうろこが落ちた。
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20130329/p1


僕は友達が少ない 1 (MFコミックス アライブシリーズ)


ここで「学園カーストの上層部」に所属する人々が、友達同士で、パリピ?とか、「楽しそうにしている」姿に嫉妬を覚えたんだろうと思うんですが、これは重要なポイントです。この流れが僕が言うところの


ほんとうの友達が欲しい症候群


友達欲しい系


というカテゴリーになっていくことになると思います。

「なぜ、ほんとうの友達が欲しいと思うようになるのか?」という起源の問題

さて、先ほどの3つ設問に戻ってみましょう。なぜ、「ほんとうの友達」が切実に欲しい、と思うようになるのか?。それは、(2)の「ほんとうの友達」の定義に関わるのですが、これは、いろいろな人の話をずっと聞き続けた結果、絶対的に自分を裏切らない相手という意味だということがわかってきました。僕はいつも、人というのはなぜ、こういうような0と100の極でしか問題を捉えないのだろう?と不思議に思うのですが、レンジで物事を捉えないのですね。「まぁまぁの友達」とかいうのはないんですね、要求事項に。100の絶対的な裏切らない友達というのは何を言っているかといえば、神様を要求しているような「絶対性」を要求しているに等しいです。それって、もちろんのこと100%不可能なことです。これって何を言っているのかというと、僕の勝手な仮説なんですが、地獄のようなスクールカーストの学校空間における、「神様」を生み出している信仰なんじゃないかな、と思うのです。極論過ぎる?(笑)。意味するところは、学校空間という荒涼とした永遠に続く地獄の中で、何もすがるものがなかったので、妄想で神様(=絶対性)を生み出して、それが手に入れば、救われる救済されるという思考のループにはまったんじゃないかな、と思うのです。

http://petronius.hatenablog.com/entry/20130406/p2


この「友達が欲しい」というドラマを、学園ものの舞台で描くと、必然的に「ほんとうの」という問題意識がついてくる。それはなぜかというと、日本的空気の病、学園カーストの構造を前提にすると、言い換えれば、僕等が住んでいる日本の学校という空間では、リア充が「おれの方が充実している」と常に「マウントしてどっちが上か殴り合っている」「万人の万人に対する闘争」している政治闘争空間としてうつっているのですね。これは真実だと思います。「空気を読む」というのは、いかにその場ののりを支配して、自分を上層部位置付けて、空気の権力でカースト下層部を制圧するかという政治闘争なわけです。これがすなわち、ずばり「いじめ」の定義でもあるわけです。


なので、友達と学園というテーマを日本で展開するのならば、「いじめ」のような空気をめぐる権力闘争をどう勝ち抜くかということ、そのサバイバル闘争こそがテーマになります。


・・・・・苦笑。厳しいですね。でもこれ社会でも同じなので(笑)、日本固有のテーマですね。ちなみに、一つの解として、『ココロコネクト』は見事な展開をしているので、小説をすべて読むのはおすすめです。いまだ色あせない傑作です。


ココロコネクト 文庫 全11巻完結セット (ファミ通文庫)



ココロコネクト』 庵田定夏著 自意識の病の系列の物語の変奏曲〜ここからどこまで展開できるか?
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20121003/p1

ココロコネクト ミチランダム』 庵田定夏著 伊織の心の闇を癒すには?〜肉体を通しての自己の解放への処方箋を (2)
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20121126/p1

『コロコネクト ユメランダム』 庵田定夏著 あなたには思想がない〜Fate/staynightの衛宮士郎のキャラクター類型と同型(3)
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20121030/p2

ココロコネクト』 庵田定夏著  日本的ボトムアップの世界でのリーダーというのは、空気の圧力を結集する特異点
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20130930/p1



ということで、ではこの友達が欲しいという問題意識に、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』がどう答えたかということですね。

海燕さんが、そろそろ、この学園ものの文脈に流れる、善悪二元論的ラスボス(=リア充・モテ)物語類型に対して、懐疑を感じているんだろうと思うのですが、僕もこの感覚と意見にとても共感します。僕は前回のラジオで、俺ガイルの葉山くんの設定とエピソードがとても共感する、と書きました。あきらかに、モテ・リア充かつスクールカーストの頂点に、その実力で君臨する葉山くんは、圧倒的な存在感を放っています。ぼっちの主人公ヒッキーに比べれば、月とすっぽん。軽蔑の対象となるはず・・・・が、違うんですね、スクールカーストの空気の奴隷という支配くんの外側から外を眺め、外側の力学を使用して、自分が傷つくこともいとわずに内部干渉をするヒッキーに対して、あきらかに、屈折した憧れと共感を持っています。スクールカーストは、三角形のピラミッドで表現できる単純な、権力構造です。しかしながら、違うルールから見た時に、葉山くんは、ヒッキーがとてもうらやましく感じているのだろうと思います。


http://petronius.hatenablog.com/entry/20130406/p2


www.youtube.com

www.youtube.com


どれだったかわからんが、とりあえずはっつけておこう。あんまり張り付けるなと怒られたんですが、、、許して、、、、。


えっと、この話はずっととしているのですが、要は、善悪二元論の敵と味方の話と同じで、敵だと思っていたけど、ちゃんとコミュニケーションをとっていくと、同じ人間だったという話ですね。むしろ、ヒッキーに対して、葉山君が嫉妬さえしているという構造が、炙り出されていきました。


俺ガイルで、何が示されたかというと、ヒッキーという主人公が、奉仕部という活動を通して、様々な人と関わっていくなかで、彼がリア充(葉山)が提示できる選択肢や問題解決能力と、別種類の、非リア充でぼっちだからこそ取れる選択肢や問題解決能力を示していくことが、この物語の前半部というか、全体を通してのコアです。ようは、学園カーストヒエラルキーの上層部にいれば何でも解決できるわけではないってことです。このことは、ずっと示されていて、リア充で学園カースト上層部の人間たちほど、「空気に支配された奴隷」で「常に弱者の池にを捧げて(=いじめ)いないと恐怖でおかしくなる」ような、凄まじく孤独な地獄を生きているやつらだって、いうことが、分かってきてしまったんですね。


ここで、リア充vs非リア充という分類は意味をなくします。


ようは、「ほんとうに充実している人々」は、「空気による支配を受けない行動・発想ができる人である」と話になっているんです。


一段上のロジックレイヤーが表れているんですよ。リア充vs非リア充の二元対立の一つ上の話をしているのですから。


そして、この物語の中でもっとも、「空気による支配を受けない」人は誰なのかといえば、明らかに主人公のヒッキーなんですよね。


ヒッキーが、ぼっちだから、非モテだから、非リア充だから、空気の支配を受けない「といわけではない」のはわかるでしょうか?。


空気の支配を受けるのは、モテ・非モテリア充、非リア充関係ありません。等しく日本的学園世界に生きる人間は、全員支配されます。それは構造的な問題だから。できることは、個別の出来事に対して、「そうではない選択肢」と「行動を示し続ける」ことを通してしか示せません。


・・・・・ヒッキーであり、奉仕部そのものであること僕は思います。


こうして、様々な学園イベントを、空気に支配されない手法で解決し続ける積み上げを通して、ヒッキーは、「空気からの支配」から自由になっていきます。彼は、「そういう人」なんです。魅力的な男の子だと思いますよ。最初から僕は言っているんですが、ヒッキーは、社会に出たら、、、いやでなくても、強い人です。空気や常識みたいな、「当たり前に見える構造」、、、言い換えれば現実を変える意思と行動力を持っている人なんですから。


なんか、言い方が大げさになってしまった(笑)。空気からの支配からの自由とかだとなんか大袈裟ですが、やっぱり、ヒッキー魅力的ですよね。だって、周りに左右されにくい人、自分自身の内発的な意思を信じているんですもん。



さて、これが、「ほんとうの友達」とは何かの、「ほんとう」の部分にかかっていることは、わかるでしょうか。「ほんとうの」というのは、空気の支配を受けない関係性のことをいっている。何かの構造的な圧力のものに出来上がる関係性ではなく、内発的な「自分の自由意志によってえられ、作られ、継続していく」ものが、本物なんだよ、という結論。『ゆるキャン△』もそうでしたよね。

petronius.hatenablog.com


ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)


この辺りは、みんなわかってきたんだよなぁ、としみじみ思います。ああ、物語が続いていくことって素晴らしい。これが平和の価値なんだろうなぁ、としみじみ思います。いろいろクネクネ回っても、ちゃんと進んでいく。


ここで、俺ガイルは、素晴らしい業績を、示したんだと思います。それは、「本物」って何かと問えば、それは「空気の支配に抗うことだ」ということ。リア充たちであっても、モテる人々でも、等しく空気の奴隷であり、それへ自覚的に戦いの意思を示し続けることは、痛く、苦しく、孤独で、難しい。いやむしろ、リア充と呼ばれる人々は、無自覚に奴隷になっていて、自覚すらないことが多い。だから、ヒッキーは、かっこいい男の子だと思います。


そして、この大きな展開、果実が、いまだ半分しか物語が進んでいない時点で既に出ているからこそ、この作品のポテンシャルに、時代を代表するくらいの力を感じていたんだろうと思います。


もうこれで終わっていいくらいなのに、この物語は最初から、雪ノ下雪乃の救済というドラマをセットとしていました。ここで難しい問いの構造になってしまいました。というのは、充実が欲しいというテーマに対して、「本当の友達」関係を作れれば、それが最も価値のある安住の居場所になるという答えにたどり着いて、リア充の葉山くんすら嫉妬させ敗北感を感じさせるところにまでヒッキーは到達します。奉仕部の、ゆいちゃんとゆきのん都の3人の「友達関係」は、その価値を持つんです。


でも、そりゃあ、普通の問いですよ。男女ですもん、いや異性でなくたって「そんな特別な友達関係」を築けたら、「相手のことが好きになる」というのはおかしくありません。ここで時代の流れとは逆のドラマが生まれるわけです。恋人じゃ救われない、友達がいい。そうなったはずなのに、、、、、


そこにセットされていたのは、


2)雪ノ下雪乃という女の子を救うこと-ラブコメは学園を超えられないので家庭の問題には踏み込めないのをどう超えるか?


という問いでした。


これがどんな形で、解決されるのだろう?、、、、特に、ゆいちゃんと雪乃とヒッキーの関係は、定番の三角関係ラブコメであり、一体、彼は誰を選ぶのかというドラマと重なって、作者をずっと追い詰めて今ように思えます。12-14巻は明らかな、迷走と苦悩が見て取れます。


この問いにどう答え、そして結論をつけたのでしょうか。



2に続きます。


www.youtube.com

『2人のローマ教皇(The Two Popes) 』2019 Fernando Ferreira Meirelleska監督 対立の中に、苦しみの中に、罪の中に、おかしみが、余裕が、愛があること


The Two Popes | Official Trailer | Netflix

客観評価:★★★★4つ
(僕的主観:★★★★4つ)

ネットフリックスオリジナル。こうしてみると、フランチェスコ教皇教皇の座に就いたことそれ自体が、バチカンの強いメッセージなんだな、と思う。改革派が、保守派を押さえたし、しかもちゃんと宥和している。事実なのかどうかはわからないが、こういうメッセージが世の中にあふれることは、なにがしかの真実を表しているのではないかなぁ、と部外者であまり知識がない自分は思う。

これは、第266代ローマ教皇フランシスコと、その先代ベネディクト16世のお話。ヨハネパウロ2世より2005年に教皇を引き継ぎ、2013年に、実に719年ぶりに自由な意思で退位し名誉教皇になった。その引継ぎの期間の2人の対話が物語になっている。何がベネディクト16世の決断を促したのか、フランシスコは、どうして受け入れ、そして何を目指すのか。この話は、日本の天皇家にも言える話なので、「横のつながり」というか視点で見るには、同時代に、宗教的権威の頂点に立つ伝統的存在が、自由意志によって退位した話は興味深いと思う。


アンソニー・ホプキンスベネディクト16世、ジョナサン・プライがフランシスコ演じるのだが、プロの俳優の凄みをこれでもかと感じる、見事な出来栄えでした。


映画として物語として、みるべきポイントは、僕は2つ。


一つは、ブロマンスかよっ!ってくらい、二人のおじいちゃんが、いちゃいちゃしていること(笑)。


でもね、保守派と改革派の旗手だけに、最初は口もきかないくらいお互い避けあっているし、なによりも、ずっと政治的対立は、激しくて、話せばすぐ論争になっているんですよね。「にもかかわらず」、終始、お互いへの尊敬と愛にあふれている感じがするのが、とても不思議な映画。この「感覚」を演技で来ている、二人の熱演ぶりには、脱帽。特に、ベネディクト16世は終始堅物の厳しく偏屈な人であるのに、それが、じつは、ジョナサン・プライのフランシスコに深く心を開いていて、好ましく思っているのが、全編に伝わってくるのが、素晴らしいなぁ、とずっと見ていて、すがすがしい気持ちになりました。


これはメッセージです。


対立があるものでも、愛し合うこと、尊敬しあうこと、お互いが共存できるということを示している。いい物語です。


そしてさらに奥深く、ぜひとも『ローマ法王になる日まで(Chiamatemi Francesco - Il Papa della gente)』(伊2015)を同時に見たい。そうすると、背景がより詳しくわかると思うのですが、この二人の悩みの骨子は、



二人が許されない罪を背負っていて、それに自覚的であること



なんです。これは、人間的な物語だし、神ではない!(この言葉にどれくらいの重みがあるだろう、、、教皇として言うんですよ)人間なんだ!と言い合うシーンは、胸が熱くなりました。この映画単体でも十分わかりますが、フランチェスコ教皇のアルゼンチンの独裁政権下での苦悩は、ぜひとも下の映画も見たいところ。

ローマ法王になる日まで [DVD]

ローマ法王になる日まで [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2017/12/02
  • メディア: DVD


petronius.hatenablog.com


ベネディクト16世の方も同じであまりにセンシティヴで、映像までには出なかったが、司祭の未成年者への性的略取が問題になっていて、これを見過ごしたことに対する罪を告白するシーンは、いろいろ思いました。人の上に立つのは難しい。マクロの責任をすべて引き受けなければならないし、なんだかんだ言って現実に悲惨な目にあった人々からすれば、甘えたこと言ってんじゃねぇ、と許せなくなって、対立が深まり、より激しく分裂していくのは、世の常であり、、、何よりも、それこそが「今の時代」です。宗教的にというか、物語として「許し」が必要なのはわかります。でも、許せるほど人の傷は、虐げられた人の傷は、甘く話、浅くはない。だからこそ、殺し合いが続く世界なんですよね。それが現実の過酷さ。


でも、この作品を、コメディというのは、とてもいいと思うんです。フランシスコが、終始、人生を楽しそうに生きているの。ごはんしそうだなーと、ふらふら庭を散歩したり、ハーブを見つけて喜んだり、ビートルズが好きだとハミングしたり、サッカーで一喜一憂したり。…最後のシーンで、ワールドカップの試合を二人で見ていて、決勝がアルゼンチンとドイツなんですよね。二人が、めちゃ、盛り上がっている姿を見て、、、、ああ、こういう宥和と対話が、許せない罪を背負いながら、それでも、話し続けて、そして人生を楽しんで肯定的にとっていけたら、いいだろうなぁ、と凄い前向きの気持ちになれる映画でした。


僕は素晴らしい映画だと思いました。おすすめです。


www.bbc.com

www.bbc.com