『イランvsトランプ』 高橋 和夫著 2019年からアメリカは世界最大の産油国になっていたのか!

イランvsトランプ (ワニブックスPLUS新書)

客観評価:★★★★星4つ
(僕的主観:★★★★星4つ)

www.cnn.com

2020年1月3日、米軍の無人攻撃機のMQ-9 リーパーによって、イランのガーセム・ソレイマーニー司令官が暗殺された。イランとの戦争の可能性の高まり、一時期米国の報道は緊張していたけれども、イランが外交上のしたたかな行動を見せ、なんとか収まった感がある。そもそも、イランとは、アメリカはとても相性が悪くて、イランをたたけば選挙で勝てるとというオプションは常に存在する。けれども、イランと戦争状態になれば、石油の輸出が減るので、原油価格が上がる。それが直接失業率にヒットするので、オプションではあっても、実際にはできないというのがこれまでの構造だったはずなのに、トンランプ大統領は、あっさり、それを無視して、トリガーを引いた。この辺のアメリカとイランの確執を知っていると、この辺はより興味深くなる。なので、映画『アルゴ』がおすすめ。イラン大使館人質事件を扱った映画です。

ノラネコの呑んで観るシネマ アルゴ・・・・・評価額1700円

アルゴ (字幕版)

さて、なぜそのようなオプションが取れるのだろうか?ということが不思議で、この本を手に取った。神保さんと宮台さんのビデオニュースドットコムを見ていて、中東の専門家だそうなのですが、あまりに明快な米国内政の分析、アメリカのトランプ大統領の行っていることの見事な説明に感じて、感心してしまって、これは、本も読んで観なければ、と思い立ちまして。大体に、言葉で明快に説明してくれる人は、本でも明快でとても深くまで志向していることが多いので、これはあたりでした。いままでややこしくわかっていなかった、サウジのクラウンプリンスのMBS(Mohammad bin Salman Al Saud)やジャマル・カショギなど、いまいちわからなかったもやもやしていたことが、霧が晴れたように分かった。

www.youtube.com

ちなみに、疑問を考える前に、なぜ無人機や、特殊部隊による暗殺がアメリカでは昨今大きなオプションになっているのかは、オバマ政権に戻らならければならない。オバマ政権は、軍縮も粛々とやったが、同時に特殊部隊の急拡大をも行っている。これは、人道主義的、リベラリズムの観点や、国内の選挙対策から、国の若者がガンガン死んでいくということに、民主主義国家は耐えられない。この構造からすると、無人機による暗殺や、表立って軍を動かさないで秘密裏に暗殺部隊を差し向けるという方向にバイアスがかかるのは、ロジカルですよね。オバマ大統領は、軍縮思考で、平和主義的で、とてもリベラルな人柄の人ですが、軍を押さえた代わりに、構造的に別の部分が吐出している政策を実施していたことは、世の中やはりシンプルに割り切れないんだなぁ、としみじみ思います。

petronius.hatenablog.com

petronius.hatenablog.com

geopoli.exblog.jp


この辺りの特殊部隊の暗殺のお話、無人機によるコラテラルダメージのお話は、上記の2つの映画がおすすめです。


さて、この本でも様々なポイントが興味深いのですが、僕的に、おおっとお唸ったのは、2018年に米国が既に世界最大の産油国になっていることです。仕事で関連するので知っていたのですが、これ、実はとんでもない大きな出来事なんだ、としびれました。


世界一の産油国となった米国、覇権国の地位強化へ | NOMURA

そして、シェールガスの技術と埋蔵量から勘案して、長期にわたってエネルギー大国として米国が君臨することが、予想されること。バレル60ドルでも十分利益が出ること、そのことが長期的に、石油価格の低位安定構造を形成すること。だから、米国にとってイラン、中東の重要性が、極端にさがること。ロシアや中米、中東などの産油国の長期的なポジショニングが下がること。これは構造的な問題なので、これからの人類の長期にわたるマクロトレンド支配するポイントだ!と思うんですよ。


ちなみに、トランプさんが、イランとの戦争がありうるオプションを平気で選択できるのは、中東の石油、イランの石油の重要比率が下がってしまっているので、アメリカの内政の問題としてこれをとらえることが可能になっているから、気安くゴーが出せるんですね。そうか、そんな構造変化があったんだ、と驚きました。トランプ政権のイスラエルに対する取扱いの違いも、これでほぼ理屈がつながります。


少し脱線ですが、小泉悠さんの下記の本が素晴らしかったんですが、何が素晴らしかったかというと、ロシアという国の宇宙観というか世界観がわかるんですね。「そこ」から導き出される戦略を考えて、すべての行為を評価すると、一貫性がある。ああいう地域大国の長期的な戦略というか生存の意志が、そういう風になっているのかーとうなったんですよ。


「帝国」ロシアの地政学 (「勢力圏」で読むユーラシア戦略)


けどね、こういう長期のトレンドは、石油価格の低位安定というトレンドで、ロシアなどの石油を基盤にする資源国の手を縛りあげるんですね。ベネズエラなどがめちゃくちゃになるのは、産油国が利益を得にくい市場構造が安定しているからなんですよね。

globe.asahi.com

なので、ここのところロシアや中東などの産油国は、非常に苦しい状況が継続している。価格が低位安定しているからですね。そうするととれるオプションがとても小さくなる。これって、覇権をとるための大戦略(グランドストラテジー)なんですよね。世界の、人類の命運を握る物理的な部分の構造をどう決定するか?という戦いをしていると思うと、シェールガスの開発って、オバマ政権の時に進めていたんですが、その果てに、世界最大の産油国になっているアメリカって、物凄い大戦略の発想だ、としびれてしまいました。

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART1 (ハヤカワ文庫JA)


全然関係ないのですが、今ちょうど小川一水さんの『天冥の標』シリーズの10巻まで(15冊目)まで来たんですが、ふと思ったのだけれども、各文明、民族などグループ間の競争というものを規定するのは、こういうボトルネックとなる部分を押さえたかどうかに尽きるような、と思うんですよね。そして、そういう「身もふたもない部分」の構造を規定されたら、もうどうにもならない。努力とかではどうにもならなくて、暴発して死に物狂いで戦争するか、あきらめてじわじわ死んでいくかしか選べない。いやーSFだと、架空の国家やグループを、物凄い長い時間空間単位で、競合させてその流転の果てを見るづけるので、、、何が、その時代の、その場所のボトルネックとなるものかって、その時代を生きている人は、なかなかわからないんですが、マクロで、超長期を考える視点は、重要だよなーといつもながらにしみじみ思いました。やっぱりこういう広い視野をくれるSF作品って、物凄く遠くに焦点が合いながら、ものを考え続けるので、本当に世界観というか、世界の見方が変わる。SFって、やっぱり好きだなーとしみじみ思います。このちょっと妄想は行ってSF的な、超マクロ、超長期、長距離空間の発想を持つだけで、世界の見方が、がらっとかわる。あとそれくらいの超長期の視点の時系列で考えると、人間の個のちっぽけさが、しみじみ感じるんですよね。この堅牢な自我を、少しでも浮かせて、違う見方もあるかも、と思わせる可能性をくれるSFって、やっぱり好きだなーとしみじみ。

話がずれた、石油価格をグローバルな低位安定をされたら、資源国はもうどうにもならなくなるじゃないですか。ちなみに、中東などの資源、石油の重要性が下がればアメリカにとっての長期的な競争相手は、なんといっても中国になるはずなので、貿易戦争を仕掛けるのは、非常に理にかなっていると思うんですよ。おースティーブ・バノンとか思い出しちゃった。この辺を理解するためには、もっとリバタリアニズムとか、古典を理解しないといけないのかもなぁ、と思う今日この頃。最新では、ニックランドの加速主義とかですよね。

ニック・ランドと新反動主義 現代世界を覆う〈ダーク〉な思想 (星海社新書)


ま、それはさておき、この中産階級が破壊されつつある先進国において、それをリカバーする方法はまだ見つかっていないんですが、アメリカは、その方策を一つ見つけているということだと思うんですよ。ようは、エネルギー産業で成長する、という選択肢です。先進国の中産階級の破壊は、経済のグローバリズム化によって新興国中産階級の拡大と結びついているので、これを阻む方法は、これまで移民制限や先進国とその他の国の「身分を固定すること」のような、中世に逆戻りすることしかオプションがなかったんですね。トランプさんのメキシコの壁、ブレクジットなどなど、この移民と自国民の格差を固定化するという方向は、1)倫理的に非常に受け入れにくく国論を二分化する、2)実際やっても効果が薄い=グローバル経済にリンクしている限り、壁を作ってもだいぶ無駄。なので、筋が悪い、なかなか迷走した方向だったんですよね。でも、現在の米国のトランプ政権の方針は明確に感じます。エネルギー産業によって成長する。そのために必要なことは、環境規制の撤廃です。トランプ政権が、エネルギー大国として米国が成長するために、徹底的に環境関連の規制を撤廃していること。気候変動をフェイクニュースと切って捨てるベースがなければ、ここまで思い切れなかっただろうこと。こういう背景とリンクさせないと、気候変動は嘘だ!とか、だいぶ頭悪い感じの意見がよくわからなかったんですが、エネルギー産業のために、環境規制をなくすというのは、戦略的ですね。ここでは、意識的に、環境という有限のインフラに、フリーライダーになるという意思がはっきり感じます。パイプラインの問題とか、どういう意味があるのかいまいち分からなかったんですが、こう考えると、すべてがつながります。

www.cnn.com

トランプ大統領、キーストーンXLパイプライン建設を再度承認(米国) | ビジネス短信 - ジェトロ

www.whitehouse.gov


この結果が、どこに向かうかというと、石油関連の世界ではサウジアメリカと呼ばれて、一夜にして大きな町が生まれるような状況が起きており、熱狂的な支持につながっていること。エネルギー産業は、労働者を増やさないのですが、パイプラインの敷設!や輸送など関連産業に人が必要で、そこで雇用が激増している。これ、民主党の政策と、かなり色合いが違いますよね。民主党は大都市の知的労働者の基盤を増やしていますが、それがゆえに、崩れ行く中産階級層に対してリーチできていないと思うんですよね。ようは、グローバルな競争で生き残れる人だけが生き残り、中産階級的な市民になれるといっているようなものだから。それに比較すると、この政策は、別に知的労働じゃなくても雇用を生んでいる明けで、実際それで町がガンガンできるような産油国のような発展がされてたら、、、、いやはや、そりゃ、トランプ政権の支持、安泰だよ、と唸ってしまった。逆に言うと、これだけしっかり米国の好景気を下支えしていて、それでも危ういというのは、それだけ反発もでかいということなんだろうなぁ、と思うもの。

ウインド・リバー(字幕版)


www.youtube.com


そして、、、ここずっと、米国の中産階級が崩壊して、貧困の連鎖の中に叩き込まれた絶望の話ばかり映画で見てきて、、、、これって、グローバル経済にリンクするのでは、解決がつかない話で、、、先行きなにもねぇなぁ、と思っていたんですが、、、、この地域にこそ、石油があったりするんですよね、、、そう考えると、いやー世界ってダイナミックだ、、、、と震撼しました。


Jeff Bezos commits to forming $10 billion Earth Fund for climate change


Jeff Bezos Pledges $10 Billion To Fight Climate Change | TODAY


Inside Bill’s Brain – Part 1


ちなみに、じゃあ、環境のフリーライダーになるがよしとするのか!というと、そこがアメリカの凄いところ。こういう物凄い億万長者で才能の持ち主たちが、全力で反対方向にかじを切っ足りも同時にしてたりする。いやー米国ってすごい気うにだなぁ、としみじみ。『Dark Water』なんかは、環境関連でケンカを売った弁護士の物語。こういうのが増えている気がする。


Dark Waters Trailer #1 (2019) | Movieclips Trailers

ちなみに、現在は、2020年2月19日なんだけど、米国大統領選挙がじわじわ進んでいる。前に紹介したブーティジェッジが、アイオワのコーカスで強くて、サンダースさんと分け合っている。残念ながらベーシックインカム唱えていたアンドリューヤンが、drop outしたけれども、名前をアピールできたし、「次」につがなるいい感じだった。アジア系の大統領候補って、めずらしいのだけれども、日系のアジア系の大統領を描いた『イーグル』を思い出した。かわぐちかいじさんは、なにをかいてもかわぐちさんの物語になって収束してしまうのだけれども、これはいろいろなガジェッドがあって、とっつきのためには、いいマンガだろうと思う。そもそも、大統領選の仕組みや構造がわからないと、何をしているのかすらわからないですからねぇ。

www.nytimes.com

イーグル(1) (ビッグコミックス)

www.nytimes.com

『ブルーピリオド』 山口つばさ著 2020年代の世界で、若者は、どのように成長していくのだろうか?

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

インフルエンザにかかって、息も絶え絶えなペトロニウスです。なんか熱で朦朧となりながら、起きては、『十二国記』読んだり、『天冥の標』読んだり、なんかずっと夢を見ているようで、おかしな風邪休暇でした。と言っても、家で仕事追い詰められてイライラしていたので、休みと言っても、微妙な感じでしたが。家でも自由に仕事できる環境って、こういう時、際限ねなーとしみじみ思いました。いやーしかし、風邪ひいたり病気になると、ほんとうに、しんどいねぇ。。。なんか、人生振り返ってしまったよ。。。アラフィフになっても、全然自由は手に入らんなーいつも、やることに追われて、あせあせしている、、、まぁ人生、いつまで経って、どもこにいても、そういうのとは無縁でいられないものなんじゃないかなーと思う今日この頃。生きるのは大変だよ、、、と思いつつ。いやーこの辺の年齢になってくると、体が気力でもついてこなくなるので、なかなか気合で誤魔化したり乗り切るのがしんどくなってくるし、この辺の年齢まで来ると、キラキラする未来に向かって成長しよう!とかそういうのも、餌にならなくなるので、、、うーん、しんどいなーと思いんがら生きていくしか無くなる。まぁそういっても、サバイバル、、、生きていかないわけにはいかないし、子供の責任もあるから、食べていけるようにしなきゃいけないと、奮い立たない心を、奮い立たせるしかない感じなんだけど。いやはや、「みんな」って、ないのかもしれないけど、世の中の人は、本当に凄いなぁと思うよ。ただ生きるだけでも、生活するだけでも、本当に大変だもの。こんなにやること押し寄せてて、なんで何とかこなせるか、不思議で仕方がない。。。


そしてそういう感じで、『ブルーピリオド』は海燕さん。『ブルーロック』はLDさんにお勧めされたものですが、読んでて、あ、これどっちも、典型的な成長物語、ビルドゥングスロマン何だなと思ったんです。(いきなり話が飛んだ・・・・(笑))


LDさん的な発想では、多分、「生きるのに意欲や動機が必要」という時点で、だいぶダメですね、、、と言われそうなんですが、、、いやーそれはわかっているんですが、僕は結構気力で奮い立たせて、困難なことを乗り越えるタイプなんで、体力も気力も落ちてくるこの老後、というかおっさんになってきて、まだ勉強し続けたり、変わっていこうとするのは、しんどいなーと日々思うんですよね。基本的に生きるのは、いつもしんどいなーと、だらだら生きてきましたが、もう穏やかに、映画とか漫画とかだけ見て、暮らしたいな、、、とか思うのは、甘いのかなーと思いつつ。気力体力減っているのに、責任とかこなさなきゃいけないタスクは、年々どんどん難しくなっているようにな気がして、いや-うーん〜ーーという気が、、、、。



体力が落ちている(40代後半に入ったから?)と、特に老眼が進んで眼精疲労がひどくなったのが、なんか、色々に負担をかけている気がするがぁ、、、それ以上に、なんというか、やっぱり「がんばって坂の上の雲に向かっていく目的意識」みたいなのが、うんざりする今日この頃。そう思うのは、もう若くないからなのだろうか・・・・と、ずっと考えちゃうなー。まぁ、考えても、意味ないんだけど、、、明日は、ほっといてもやってきちゃうので(笑)。


世の中は、『ファクトフルネス』を読んで、絶対的貧困相対的貧困の軸が入り組む複雑さはあるものの、マクロ・トータルでは、良いの方が大きな流れになっているとはいえるので、まぁ、そうはいっても世界をあきらめたり絶望する必要はないのは、よくわかってきた。自分の子供や孫の世代も、大変ではあろうと思うけど、ちゃんと人の世の世界であり、生きるに十分値するのは間違いないわけだから、なんというか一般的な視点で絶望する理由は、もうないわなーというのが雑感。。。なんだけど、いやもしかしたら、おっさんというか、年寄り世代にとっては、「絶望する余裕」があったほうが、まだまだ幸せな夢を見れてたのかもしれないなぁ、としみじみ感じる。本当に厳しい現実を見据えたら、真っ先に切り捨てられるのは、もちろん現役世代ではないお年寄りなわけだから(笑)、、、、でも、人類の世代交代って、時代の流れって、そうやってきたんでしょ、とは思うので、それを受け入れられないというのは傲慢だよなぁとしみじみ。


ああ、なんか意味不明の日記になってしまった、、、、最近、老人になってきて、疲労してきてて、頑張ろうという意欲が、さらに消えています!というのを高らかに言いたかっただけ。



で、時代的な背景なのか、自分がおっさんで未来に希望が持てないかがわからないんだけど、いまこの文脈で、ビルドゥングスロマン(成長物語)を見ると、どう思うんだろう?って。(ちなみにネタバレです)



『ブルーピリオド』は、まぁそういう御託抜きで、面白かった。めちゃネタバレなんですが、僕様々な物語読んできて、美術系の受験の物語で、東京藝大の入試に合格した物語って、初めて見た!!!。はっきり言って、全く合格するなんてみじんも思っていなかったので、驚いた!!!。もちろん、そうあってもおかしくない積み上げだし、彼の自分探しの視点が、ちゃんと技術、作品と努力に適切に結びついているし、おかしいとは思わないんだけど、、、でも、藝大って、どこか「次元の向こうの存在」だと思っていたのので、自分の中で衝撃を受けました。僕は、ムサビの近くに子供の頃住んでいて、周りにたくさんムサビの生徒がいたので、あと『はちみつとクローバー』も、ムサビっぽかった感じがしたんだよね。なので、ムサビまでは、自分の想像力の射程距離にあったんだけど、、、藝大に受かる人がいるんだ!と心底、驚いた。毎年、墓参りで上野にはいってたので、あの辺はとてもなじみのある場所ではあるんです。が、、、、いやはや、、、別に自分のなかの驚きなので、全く読んでいる人は何が言いたいかわからないでしょうが、、、、。ただ、自分のなかで美術に関してはほとんど興味がなかったで、どういう基準で、どういう積み上げで選ばれているのかが、さっぱりアウトオブスコープだったんだけど、これを見て、色々なことが凄いわかった気がする。勉強になったー。


きわめていいな、というのは、「自分とは何か?」というよくある問題意識を、美術という技術と、受験勉強という「様式と手順にのっとった成長」で、丁寧に描いていくところだ。作品だけ見せられたら、難解で???となってしまうところを、これほど丁寧に物語性と、何も知らなかった少年が、受験勉強で技術を習得していく過程で、「作品で自己を表現する」という技術、ノウハウを獲得していくわけで、おうーーーこりゃ凄いって唸った。親友?の龍二くんの話とか、ジェンダーとか、さまざまな問いかけが、縦横無尽にあって、「現代」で、自分を掘り下げると、こんなに複雑かつ重厚、繊細に考察して、潜っていかないと、ちゃんとした表現にたどり着かないんだ!というガイドラインにもなっていて(だからこそ藝大の試験なわっけだし)いやー素晴らしすぎる。


やっぱり何が凄いって、一つは、こんな『自己とは何か』というような哲学的かつ繊細でややこしいことを、当たり前のように、青春のテーマに乗ってくる、受験できちっと技術で問われるという、時代の成熟さだよね。とても豊かで自由で、多様性を受け入れる時代でなければ、こんなテーマがエンタメになるとも思う得ないし、既に6巻って、けっこう人気を博しているのも素晴らしい。昔よりも、受験のシステムが洗練されて、ちゃんと中身が問われるようになって深化していている旨も書かれていて、やはり時代は豊かに深く豊穣になっているんだ、と思わせる。昔からあったんだと思うと、やっぱり近代国家は大したもんだよなーとしみじみ思う。僕が単に知らないだけで、こんな人生のルートもまたあるんだ!と感心した。



めちゃいいよ!おすすめだよ!しかも、大学編迄あるんだ!と思うと、わくわくが止まらないよ。



もう夢も希望もな特にない枯山水じじいペトロニウスだけど、やっぱり、ほんとうに若い世代って、豊饒な時代生きているのだなぁ、とドキドキしました。僕自身は、自分の人生は、「自分ごときにしては上出来」と思っているので、やり直したいとか全くないけど、、、でも、自分の息子や娘の楽しそうに生きているのを見ていると、いやーすげぇ時代に生きてて、僕よりももっと大変な時代を生きているかもしれないけど、その分エキサイティングだよなぁーこれは、なかなかいいことだよなーと感じる。より繊細に、より技術のレベル高く、僕等の若かりし頃よりは、はるかに複雑になっているのは違いない。でもだから「大変」というのは、違う気がする。このような多様性、技術の深みが評価されるプラットフォームが整備されている現代を生きることができるのは、とても素晴らしいことだろうと本当に思う。



さて、ついでに、『ブルーロック』。



これはついでなんですが、これも成長物語だよね。けど、力点が「才能がある奴を蹴落とす、その価値と意味にぞくぞくする」というのが主題に乗っていて、ああーこれも新世代の成長物語だなー、なるほど、LDさんが言うのはわかるわ、と思いました。これって、300人の高校生FWを集めた寮青い監獄(ブルーロック)をつくって、そこで、負けたら二度と敗者復活戦のない(日本代表には選ばれない)というサバイバルゲームをさせるというお話。


いってみれば、サッカーのサバイバルデスゲームみたいな類型。


けど、LDさんが指摘したように、これとても大きな主題に「才能がある奴を叩き潰していき根を止めることのゾクゾク感覚」が繰り返し描かれているところだよね。


これって、倫理的に、なかなか言いづらいものじゃないですか?。成長物語を描く時に。ようは、弱者や才能がない奴を、いや下手したら、強者や才能のあふれるやつも、策略によって、ガンガン未来を奪っていく。でも、生きる実感、生きる充実、、、、サバイバルの究極の意味の一つは、「相手の可能性を奪って生き延びた」ことにあるわけで、競争というもの、サバイバルの持つプリミティヴな価値というのは、そこがコアの一つだよね、というのを、身もふたもなく描いている。「生き残る」ことの価値って、そこだよね、と思うんですよ。それが「身もふたもなく描けている」というのは、やはりそういう時代で、きれいごととかでごまかさなくなったんだなーと、しみじみ。「新世界」じゃないですが、この世界が残酷であることを「所与のもの」として感じれば、そのみんなが余裕がない中で、それでも何とかパイを確保できたら、それはとてもうれしいこと。余裕がある状態ならば、それがフェアかどうかとか、結果の平等とか気にできるだろうけど、実際は、残酷な世界に追い詰められていると、そんなこともいっていられない。少なくとも、いままでのような、実際は逆に弱肉強食なのに、うそを塗り固めているよりも、まずはプリミティブなところを、ちゃんと認めようという気がします。これをもって、弱者を切り捨てて、格差を肯定したいとか、そういうこととしてとってもらいたくはない。。。のですが、、、ただ、絶対的格差が縮まり、相対的格差が広がることが同時に起きる世界で、、新しい世代を生きる若者の感性が、だいぶ身もふたもなく「リソースがそもそも物凄い少ない奪い合いになっている」ことへ自覚的で、あえて選ぶというよりは、所与のもの(既に与えられている前提)として受け取っていそうな気が凄く強くするんですよね。


ブログでずっと書いてきた、、、、日本社会は、余裕が他の社会よりまだまだあって、絶望が全然足りないって話と、ここでリンクするんだろうと思うんですが、、、、なんだか、この世界の厳しさってのが、うまくわかっていない感じがするんですよね、、、おっさんというか年寄り世代には。世界全体は、基本的に良くなっているんですよね。けれども、それはすなわち、先進国の中産階級が崩壊していくこととリンクしているんで、僕ら(先進国の中産階級)の世界は相対的貧困がさらに激しくなる。なので、いいかえれば、競争それ自体は、グローバル(世界すべての人々を巻き込む)なことになるので、必然的に激化します。個々の個人にとって、、、また特に言えば、先進国の社会における格差はさらに広がり、これまで福祉などの手当てなどは、激減して崩壊していくでしょう。また、世界全体の競争のプラットフォームにおいては、環境など、基本的に世界全体を保護する余裕はなくなるんじゃないかなぁ、と思うんですよ。だって、民主主義にリンクした先進各国が相対的貧困に沈めば、もうそれどころじゃない感じで、自国内の相対的貧困に対する手当を要求する声が高まるでしょう。そうしたら、ようは、環境などのいかにフリーライドになるか!という過去の姿勢に戻ってしまうと思うんですよね。だって、分配するものが、既にないんだもの。全体的な成長は、だいぶ能動が薄まってしまうので、先進国には届かない。急成長してくるその他の国々が、そこを押さえるなんてことはあり得ないので。。。だから、環境問題とかは、まず解決しないな、と思うのです。少なくとも、理想や気持ちでは、絶対に動かない。戦略的に優位な状況でないのに、譲るなんてことは各国絶対しないと思いますので。


という風に、世界全体を考えると公平に向かっては行っていますが、またトータルでマクロでは豊かにはなりますが、このグローバルリンク社会で個々人が生きていくのは、物凄く難しい。たぶん、グローバルで富を生み出す人々と、そうでな人の格差は、凄まじくなる。しんどい。競争はむしろ激化して、なりふり構わず、身もふたもなくなっていっているので。グローバル社会で、グローバルに「生きるスキルを持った人」と、そうでないローカルに沈む人の差は、もっともっと激しくなる気がします。。。えっと、、、、うーんとね、何が言いたいかというと「理想的なものが通じるほど甘ちょろい余裕は人類にはないんだろうなー」ということ。うーん、そこまではいいすぎか、、、。少なくとも国民国家に、特に旧先進国だった国々の分厚い中産階級は壊れてしまって、「そこ」を母体に、社会を理想主義的に進めていこうというのは、成り立つほど甘くはないだろうな、と思うんですよ。若い世代は、みんな、凄くその辺を直感的にわかっている気がしてならない。『鬼滅の刃』みたいな、厳しくて仕方ない残酷なのを、「特に厳しい」という感じもなく受け入れるのって、そういうことなんじゃないかなーとしみじみ思うのです。僕等よりも、後続世代の方が、世界の厳しさに無意識に敏感なんじゃなっいって。そう思うんですよ。関係ないかもだけど、グレタさんの環境問題の怒りの告発なんかも、こういう感覚に裏打ちされている気がしてならないのは、考えすぎだろうか?。だって、こういう世界にしたのは、年寄り世代なのに、つけを払わされるのは、若者世代って、腹が立つ!というのは、極めて正当な怒りな気がする。まぁ、後続世代は、常に前の世代のつけを払わされていて(それは僕等だって同じ)、いつだって、そういうものなんだろうなーと歴史を勉強すればするほど、まぁ、身もふたもねぇな、と思うようになってきました(笑)。


みたいなことを、徒然に思っている今日この頃。


ブルーロック(1) (講談社コミックス)

やっと完結です。最前線の新世界系まで到達しました。

f:id:Gaius_Petronius:20200208032031j:plain

最新刊、6-7巻の通販はじめました。7巻が最終巻なので、既刊全部そろえています。在庫これっきりになると思います。もう刷る予定ないので、これで打ち止め。欲しい人は買っておいてね。2年間全力疾走で、7冊出し切りました。メンバーは、疲労困憊なので(笑)、日々のインプットに戻っておりますので、活動はいったん休止です。これまでの僕らの集大成をまとめられてよかったと、しみじみ思います。僕等の会話が意味わからない!と言われたら、じゃあ、これ読んで(笑)と渡せる教科書というか参考書ができたわけなので。こういう趣味の会話って、学問っわけじゃないから、だから何って、ただの駄弁りで終わってしまってもおかしくないけど、体系とまでいかなくても、これだけ時系列で幅広く網羅すると、これは語るになるなぁと思うんだよね。残ってよかった。

本は、いったんここ最終巻。でも、別にエンタメがなくなったわけじゃないから、つーても、ラジオとかやるけど。既に「この先」に向かいつつある感じがして、もうこれ以上分かんなぇよ、とか思っていたけど、脱英雄譚とか新世界なんて発想が生まれるまでも2年間くらい、もうよくわからないねーとか言っていたので、世の中のちゃんと着実に進む様には、本当に驚かされます。

azukiarai.booth.pm



f:id:Gaius_Petronius:20200208032039p:plain

『十三機兵防衛圏(13 Sentinels: Aegis Rim)』神谷盛治 全部盛りに全部盛り込んだ古き素晴らしきSFの古典的な風格を感じさせる大作

十三機兵防衛圏 - PS4


客観評価:★★★★★5つマスターピース
(僕的主観:★★★★★5つマスターピース

まともにPS4とかちゃんとしたハードのゲームをクリアのって、体感的には15年ぶりくらいだと思うし、ちゃんと終わらせたという意味では、ほんとめずらしい。きっかけは、自分の周りの人が、このゲームをやっていて、激賞しているケースが目立ったからなんですが、そういうことはままある。けれど、分刻みで生きていそうなクリエイター系の人が、軒並み待ちに待っていた!という感じで、クリアーしているのを見て、、、あれ、これそんなに凄いの?と思ったことだ。ダメ押しは、僕のビジネス関連の知り合いの(オタクとかにあまり興味ない)人が、これはやっておかなきゃとすすめているのを聞いて、これは「縁」だな、と思って、踏み切ったのでした。まぁ、最後の決め手は、まぎぃさんがおすすめしてくれたのと、友人がアメリカに遊びに来てくれるついでに買ってきてくれたことでしたね。とはいえ、僕の人生に大きな、変化というか、違いをもたらす出来事になりました。ゲームやれるんだ!と自分のなかで、一つの自信というか実績が生まれたので。いままでゲームは時間とられすぎるので、かなりへじっていたのですが、少しは組み込めるな、と思ったのは大きい。『MUSICUS!』『DEATH STRANDING』『The Last of Us』なんかをやろうと意識の中に積んであります。僕の、好きな物語やエンタメの消費の「人生ルール」は、「より広く、しかし薄くなる代わりに個々のは深く」というスタンスなので、なるべく「縁」で出会った様々なやつを、網羅して、深堀して、世界を感じ取れたらいいなという感じですね。広く手を広げると、「何を選ぶか」という選択の問題や、どうしても理解や体験が「浅くなる」という問題があるのですが、その辺はいつも悩ましくおもっているところです。しかし、すべては偶然という名の「縁」で、今回はこの作品を手に取れて、やれたことは運が良かった。


ちなみに、ペトロニウス個人評価は、既に出ていますが、ペトロニウスの名にかけて傑作です。機会があれば、やらないともったいないくらいの名作だと思います。比治山隆俊くんと沖野司くんが、とても好きでした。とにかくみんな買おうよ!。これ、素晴らしい作品です。クリエイターの思いが、細かいところまですさまじく根が張っている繊細なのに、スケール壮大。素晴らしいです。


うーんとですね、、、いつも僕は意味不明の戯言が多いんですが、何が言いたいかのコアは、15年くらいまともにゲームをやったことなかったペトロニウスが、あまりにみんないいっていうので、思わず買ってしまって、しかも始めてしまって、そんでもって、終わらせてしまった!、その選択に公開なし!とか思うような面白さだったので、皆さん、ぜひともやってみましょう!ということが言いたいだけなんです、究極的には、


とにかく、クリエイターのものづくりへのこだわりが、貫徹している感じがするのですが、そのあたりは下記の漫画を見ると経緯がわかって面白いです。


13sar.jp



さて、以降は、ジャーゴンというか内輪のテクニカルターム多すぎでと過去のブログを読んでいないと、???なので、まぁ、読みたい人はどうぞ(笑)。


ただ、全編プレイしていて、不思議な感慨がありました。これだけの大作の風格、練りに練りこまれた物語のち密さとダイナミックさにもかかわらず、まったく「時代性」というものを感じないのです。うまく伝わらないかもしれませんが、僕のブログが、常に「同時代性の背景にある文脈」との関連づけで批評をしていることからすると、これほど「時代性の文脈を感じない」作品って、めずらしいんですよ。クリエイターの狂気が宿りまくっている大作であるにもかかわらずです。だから常に友人と話している時のキーワードは、「古き良き傑作SFの古典の風格」という言い方をしていました。えっとね、仕事の休みのちょっとした息抜きで書いているので、時間ないので端折りますが、『天気の子』とか『アルキメデスの大戦』とか、セカイ系の系列で話してましたし、オルフェンズは、新世界系の文脈で話していましたよね?。そういうのが、全く感じないんです。全く感じないのと、古臭いというのは異なります。「全部盛り」とタイトルに乗せたとおり、ループの脱出劇ものとしては、最前線にして完成形の一つといっても過言ではない、「これまでにあった問題意識やガジェッド、パターン」を全部盛りにもっていて、やればわかりますが、そこまで「盛るか!」というぐらい、これまでのこの系統の知見が考え抜かれ、次から次へと出てきます。明らかに最前線の作品なのですよ。なのに、まったく「時代性の文脈」から独立している感覚がする。



これを読み解くと、たぶん僕の意識の中では、「ループからの脱出劇」という物語類型には、抜きがたく「世界系ループもののの自意識からの脱出」という文脈が同時にセットされているのが当然という感覚が、僕の中にあるからなんだろうと思います。ループもの、というものが、実は「自意識による閉じこもり・ひきこもり」からのブレイクスルー(脱出)であって、だとすれば「自意識=自分一人しかいない夢の世界・心の中」で、「他者を認識する・出会う」ということで、自意識の繰り返しの不毛感を破壊するというパターンが、セカイ系からこの1990年代から30年近くとても強く日本のエンタメの中にセットされていたからです。これらの文脈が全くないんです(笑)。なので、この作品が「その先」の作品なのか、それとも「古き古典的な作品」なのか、評価が難しいところです。この辺を、いまこつこつ考えている。



では、なぜないんだろうか?



(この以降ネタバレなので、この作品は、まっさらでやったほうが何百倍も楽しものなので、読まないでやることをおすすめします。)



答えは、キーワードで、この作品が、13人の群像劇になっていることですね。これは、『風雲児たち』とか群像劇と歴史性の縦軸を挿入すると、「自意識に逃げる」ことができなくなるので、テーマが、セカイ系的な自意識からの脱出から遠のくんです。なので、群像劇は、自意識の臭みを、ぶっ飛ばす効果があるのはわかっています。



もうひとつは、男女(だけじゃないですが)のカップリングが複数存在している、、、もう少し言葉を開くと、クリエイターの人の人間観だと思うのですが、あまりにも、あまりにも「まっとう」なんです。「まっとう」というのを、どう表現すればいいか、まだ迷っていますが、とにかく恋愛が、さわやかで、まっすぐですよね。この辺のまぶしさはキラキラします。


それが最も端的に表れるシーンは、クリアー後の最後のシーンです。あまり詳しく言わないですが、偶然によっていくらでも「他のカップリングはあり得る」といっているのがはっきりわかりますよね。わざわざ、最後の最後のシーンにあれをもってきているのは、クリエイターの人が、「すべての愛とカップルは偶然によって成り立っている」ことを強調していることだと思います。いいかえれば、何の根拠もなく偶然で成り立っても、その種を育て上げたら、それは「本物の愛」だと喝破しているんです。これ作者の恋愛観だと思います。明らかに「運命の愛」とか信じていないですよね、これ。本物は偶然の出会いから、その過程の積み上げに宿るという、至極全うすぎる倫理観です。


話が長くなるので端折るんですが、、、、これまでの「友達欲しい系」の文脈は、恋人よりも友達が欲しい!でした。これは一つのブレイクスルーでした。しかし、それがもう一度恋人に行かないのは卑怯なんじゃないか、と僕は最前線で感じるようになってきています。というか、ゆるキャン△とかでもいいのですが、安定して深い友達関係を継続していたら、そりゃ恋愛も始まるでしょ?それで「そこに展開しない」というのは、ちょっと無理がなくないか?という感じです。そうすると、恋人をよりも友達がいいというブレイクスルーが、ネガティヴな要素を帯びてくると思うのです。ようは、「好きな人と真剣に向き合って」、その結果「自分が変わってしまう」ことを、受け入れられない弱さに感じてしまうんですよ、少なくとも僕は。時代が変わったのだなと思います。


友達の方がいい!というのは、そもそも、ハーレム形態など、女の子を等距離のはべらすようなことやっていても、実際は、そんなに幸せじゃない、というのにみんなが気づいたから生まれた力学でした。どうせ距離が深まらないならば、友達関係をを描いて、それが「仲間」に、共同体に変化していく様の方が、「居場所」を確保する物語類型としては、非常に納得です。けれども居場所が確保され仲間がいれば、その中で、様々な関係性の深まりが出てもおかしくないじゃないか、そこから逃げるのはおかしいという感じに、僕はいまおもってます。ちなみに一周回った「恋人がいたほうがいい」というラブコメへの回帰は、必ずしも、同じではありません。ここでは、友達関係による居場所から派生していけば、その大きなスタート地点は百合ものや日常系、無菌系です。なので、ジェンダーがかなりフリーになった感性が広がっていると僕は思います。なので、比治山くんの話が、胸に響いています。


ああ、、、またやったちゃった。。。なんというか、この批評してんじゃだめなんだよなぁ。そうじゃなくて、ここのキャラクターのミクロの視点から語らないと、ここの具体的な作品の面白さにならない。そういうマクロの評価は、「その作品じゃなくてもいい」ものだから、、、、。あると面白くはなるんだけど、、、。


でもそこまでまとまっていないんだよね(笑)。


仕掛けとしては、「壮大な古典的SF」なので、やっぱり物語の構造で話したくなってしまうかもなぁ。


この作品を、一言でいえば、スターシードの物語なんだよね。マヴラブのベータに人類がなったようなもの(笑)。ここにでてくる、惑星開拓用の怪獣ダイモスって、もし人類の他に知的生命体がいたら、確実にベータですよね。ちなみに、この辺の類型を簡単に予習というか知りたい人には、『彗星のガルガンディア』がおすすめです。これもとても古典的なSFの王道中の王道をイメージで見せてくれる素晴らしい作品です。やっぱりアニメでイメージできると、強いよね。古い古典SFは、読みづらかったりするので。人類が、この先発展していくならば、、、、もしくは滅びるとすればそれを防ぐためにとれる大きなオプションとしては、この「全宇宙に人類という種を頒布する計画」というのは常にスコープに入るんだよね。そして、そこに付随してSF的には、様々な問題意識が生まれる。この人類がとりうるであろう戦略のオプションを、大きな枠組みで考えておくと、いろんなことが理解しやすくなるt僕は思う。


"Gargantia on the Verdurous Planet" Trailer 1 (English Subbed) 翠星のガルガンティア 1

あと、とりとめもなく話すと、この作品が終わった時に、フロンティアにたどり着く話じゃないですか・・・・僕は、あーこのあとから田村由美さんの『7SEEDS』が始まるんだ!とワクワクしました。『7SEEDS』は、人類が滅びた後の世界に叩き込まれましたが、「そこ」にたどり着く話という構造になっている。このフロンティア感が、あまりにワクワクして、なんでだろう?ととても不思議に思いました。というのは、『十三機兵防衛圏』って、いってみれば、人類が誤って滅びてしまったディザスターの後のお話じゃないですか、、、後悔と苦渋とかそういうものに満ちていておかしくないと思うんですよね。でも、基本的に、もう人類がほとんど残っていない状態で、みんなめちゃ前向きな感じがしません?。滅びて13人しか生き残っていない極限状態で、どっちかというと何とか生き抜くぞという方向の意識がとても強い。これ、時代的な受け手の感覚なのか、自分のなかだけのものなのか、よくわからないんだけれども。。。一昔前だったら、こういった人類の滅亡、脱出の物語であれば、「滅亡した理由」や「致命的なことをやってしまった後悔の謎解き」になりそうだけれども、この物語はこれだけのボリュームと構想力を持っていながら、そこにはほとんど触れない。最終的に、地球が滅びた理由は、具体的に語られないですよね。ナノマシンが暴走したのとか、そういうのはわかるけど、そこが主題じゃない感がありありと感じる。なので、新世界、フロンティアでの『7SEEDS』のような開拓者精神を強く感じる。終わった後は、さらにその感が強い。これ、最初に指摘したように、「時代性」から凄い独立しているので、この作品で社会を語るのは、とても難しく感じるので、「だからどうこう」は言えないと思うのですが、、、にしても、巨大な作品です。これ、素晴らしいなーと思う。



7SEEDS | Official Trailer | Netflix


ちなみに、本当にどうでもいいレベルのことなのですが、南奈津乃のブルマー姿が僕の中では、驚きでした。というのは、僕は人生で、ブルマをかわいいと思ったことが一度もなくて、何がいいのかわからない?とずっと悩んで?(笑)来たのですが、、、というか、基本はっきり言って、短パンの運動着の方が100億万倍かわいくないですか!?といつも思っているんですが、奈津乃のブルマー姿は、、、これは・・・・!かわいいかも!と初めて思えたので、僕の中ではなかなかに革命的なヒロインでした。

『新九郎奔る』 ゆうきまさみ著 最新の学説をふんだんに取り入れているところが素晴らしく、あと、いまなぜ北条早雲かを見てみたい。

新九郎、奔る! (3) (ビッグコミックススペシャル)


3巻読んだ。思わず感動して、涙ぐんだ。相変わらずゆうきまさみ先生大好き。素晴らしい。『アッセンブル・インサート』(1985!)の頃からの大ファンです。出門兇三郎の「悪のためなら正々堂々」は、驚きの言葉で今も胸にある(笑)。ちょっと古くから好き案ですよ!と言って見たかっただけのおじいさんでした。


余裕がないので、本当にメモな感じの日記。3巻。家来たちが雨の中集まってくるシーンで、『アルスラーン戦記』を思い出した。ああ、主従ってこういう感じなんだろうなぁーとしみじみ。いまのぼくらが住む世界には、ない感覚だ。でもこれも紐帯の一つの形だよなぁーといろいろ思った。ちょっと泣いた。


いまなぜ、応仁の乱なんだろう、いまなぜ、北条早雲なのだろうか?、、、、いろいろ背景を考えるんだけど、それ以前に、マンガとして面白い。素晴らしいので、ぜひとも書ききってってほしい。これが完結すれば、新九郎の名前が、ベースになってっ世の中の常識になっていくんだろうなーと思うと、歴史が進化する学問で、時代が変わると評価がkどんどん変わっていくさまが感じられて、素敵です。


とにかく言いたかったことは、好き、ってこと。


応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)