2021-0122【物語三昧 :Vol.104】2020年アメリカ大統領選レポート(12)46代Joseph Robinette Biden, Jr.の大統領就任式(Inauguration)-112

www.youtube.com

2021年1月20日の朝。この日は、少し会社を遅刻というか、出社時間を遅らせて、子供たちと妻と一緒に、Joseph Robinette Biden, Jr.第46代大統領の大統領就任式(inauguration)を見る。NBCとFOXどっちで見ようか悩んだけど、いつものごとくNBCで見た。個人的な仕事とかで、土、日もなく働いてて、めちゃめちゃ追い詰められている感はあるけれども、なんちゃってアメリカウォッチャーとして、これはリアルタイムで見て感じておかないと、と思って、コツコツニュースを見たり、LIVEで見たりしている。150年ぶりに、大統領就任式に前任の大統領がいない、画期的な出来事。

Twitterでこう書いたけれども、僕は、アメリカに来たのは、2013年だからオバマ政権のまだ一期(2009-2013)からいるのね。ニュースの報道、TwitterやいくつかのSNSが僕の社会への窓口だけど、それが急速に「バイデン色」に塗り替わっていく感じがして驚いた。民主党支持のリベラル派人々は、急速に「新しい朝が来た」といった感じで、世界がまともな普通に変わったことを喜んでいたし、トランプさんの支持者の人たちは、戒厳令が敷かれるとか、トランプさんの再就任があるとか、Qアノンビリーバー的なカルトの雰囲気から、すっと脱色されるような、「普通の日常に戻るしかないな」的な雰囲気が(笑)出てきて、カルト脱退的な雰囲気を濃厚に感じます。しかし、これだけ対比が鮮やかだと、就任式を境に、がらっと変わる感じは、凄い振れ幅だと驚きます。

f:id:Gaius_Petronius:20210123064445j:plain

核のボタンです!


■勉強になった!

ああ、2020年も、、、トランプ政権の4年間、2017年1月20日 – 2021年1月20日がついに終わったのだな、と感慨深い。3月のコロナによるロックダウンから、ジョージフロイドプロテストと、様々な事件が矢継ぎ早に起こり、映画を経験しているみたいだった。毎年のグーグルのしたのCMを大晦日に見たのだが、ああ、こういう感じだったなぁ、怒涛な体験をもいだしました。トランプ政権、特に、2020年の大統領選挙は、なんといっても、おっそろしいほど勉強になった、と振り返れます。劇場型のリアリティー所的「トランプ劇場」は、イシューの対立を極限まであおって、人々に動機づけを与えるので、とにかく盛り上がった。よく言えば、参加する意欲がすごい上がった。その結果が、8000万票のバイデンさんの史上最多の得票数だろう。もちろん史上二番目の7400万票のトランプさんも。これを悪く言えば、対立をあおり、分断を伸長させたという言い方になるのだろう。とにかく、煽りあおられ政治が盛り上がったので、今まで「隠されて見えなかった」断層が、これでもかと浮かび上がって、それはそれはエンターテイメントな期間で、めちゃくちゃ面白かった。もちろん、同時に、チャイナウィルスなどで、アジア系への差別はきつくなるし、暴動を意識しなければならないしで、物凄く不安でしんどい日々だった。よく政治でナチスなどの残対主義の台頭を「いつか来た道」とかいうが、なんというか、自分の人生ずっと生きてきて、こんなにも、「世界人類の平和」が、動揺しているというか、大丈夫か?とドキドキし続ける集中した期間は、人生で初めて。40代にもなって(笑)。「自分の人生に直接にかかわる」からこそ、シリアスに、まじめに、そして長いので、楽観的な気持ちをもってリラックスしないと生き抜けない。コロナ禍の不安な日々が、とんでもなく長期間続くことで、人生や家族の絆など、様々なものが、試され続けた気がする。あえていうと、悪くない、充実した日々だった。疲労困憊だけど(笑)。生き抜けたこと神さまに感謝。このサバイバル感覚は、物語の「新世界系」で話したことと、凄く重なる気がする。

www.youtube.com

www.youtube.com


■トランプさんは支持できないけれども、かといって民主党のリベラルへの嫌悪はなくせない?

よく良く調べていくうちに、自分が政治的には古い共和党の在り方に近いんだなということと、日本人としてルーズベルトを生んだ民主党をあまり好きになれないという大きな指針が生まれた。子供に民主党共和党の違いを話しているうちにそれは鮮明になっていたので、それもよかった。家族の中でも、意見は半分に分かれたので、これもめちゃくちゃ楽しかった。・・・・しかし、「にもかかわらず」、トランプさんを支持するというのは、「ありえないわー」という気分だった。このねじれの感覚、マクロ的には、トランプ政権の存在意義はとても感じるけど、実際に「自分がアメリカ人だった?」もしくは「今ここに住んでいる当事者として」、もう勘弁してくれという気分が強かった。これがどうしてか知りたいというのが今の課題。Qアノン的陰謀論のラインとは、共感部分が違うので、あれはどうも自分の中にはないらしい。なんなのか?。

大野博人:社会の分断が各地で深刻化しています。米国のトランプ氏は国民を統合する指導者の役割を放棄して、分断し続けたように見えました。

エマニュエル・トッド:ちがうと思います。もしトランプ氏がもっと礼儀正しくふるまい、その経済政策がまっとうなものだと人びとに認められれば、むしろ米国社会を統合するのに役立ったでしょう。

 米国社会を分断し解体する脅威はどこにあるか。それは自らを少数者(マイノリティー)たちの政党と定義する民主党の政治の中に見ることができます。

 そこで示されているのは、高学歴で高収入の寡頭支配層の人たち、高等教育は受けたけれど貧しい白人の若者たち、そして黒人、ヒスパニック系、アジア系の大集団などが集まった米国です。これでは統合された社会像になっていません。

 もっとも、こんなきつい言い方をしてはいますが、もし私が米国人ならあきらかに民主党左派の支持者です。サンダース派になっていたでしょうけどね。

コロナで鮮明になった中国の驚異 「制御する態勢が必要」エマニュエル・トッド氏が指摘〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

積極的なトランプ政権肯定の文脈では、加速主義者として「トランプ政権がいろいろなものを壊してくれるから」支持するという宮台真司さんの言説は、なるほどとうなうらされた。この人は、いつもさすが。そして一番、共感をもって、なるほどと思ってこれから追おうと決意した人は、エマニュエル・トッドさん。この人の意見は、明快かつ一貫性があって、背景の分析の明度も高い。Jアノンの人や、中国の侵略、拡大を恐れて日本のトランプ支持者の人々が、カルト的にくるって信奉する大きな文脈は、グローバル化によっておこるエリートによる寡頭支配層(よくいわれてたバラモン左翼(笑))に対して、「それが許せない!」という感情的反発に支えられているからだと思う。それを明快に言い当てているので、気持ちがいい。また、アメリカの、スウィングステイツの5大湖周辺の白人労働者階級が、なぜ没落して、中産階級が解体して、そして、まずは熱狂的なオバマ支持者になり、次の選挙ではトランプ支持になり、そして今回、バイデンさんに帰ってきているか?という構造的問題点と、一致する。グローバル化による都市部の適応した高学歴でgafa的な産業に組みする「グローバルな勝ち組」と、それに取り残された人々のルサンチマンの問題だからだ。それと、エマニュエル・トッドさんの分析は完全に一致しているので、説明の理屈が通る。この理屈は、今後を見通すうえでも見る価値があるものだと思う。

newspicks.com

news.yahoo.co.jp

トランプ政権の画期的な意義と意味の文脈は、僕も感じる。そして同時に、それでもアメリカに住んでいたら、最左派のバーニーサンダースを支持しちゃうだろうな、というのも、物凄く同感。まったく同じように感じるので、ああ、これだ、と思いました。グローバル化による格差の広がりに対する唯一の答えは、再分配なんだけど、それしかねぇだろ!と、ミレニアル世代の若者がバーニーを支持するのは、もっともな理屈だよ、と思う。下記のミトンがめちゃくちゃ盛り上がって、世界中に拡散しているのを見ると、バーニーさすがだなぁとしみじみ思います。今後も、AOCとともに、アメリカ政局で追わなければならな人ですね。個人的には、労働長官なってほしかったけれども、バイデン政権では外してきましたね。まぁ中道寄りのバイデンさんとしては、共和党と融和を図るには、バーニーさんら最左派はしんどいよね。

f:id:Gaius_Petronius:20210123082116j:plain

www.newsweekjapan.jp

■物々しい厳戒態勢
f:id:Gaius_Petronius:20210123064900j:plainf:id:Gaius_Petronius:20210123065153p:plain

さて、少し戻ってみよう。キャピトルヒル。1/6と1/20の比較。同じ場所なんですよ。驚きませんか?。1/20までの間の深淵になってからのスピード感は、とんでもない映画を見ているようだった。というのは、暴動が起きるかもしれないから、外出は避けたほうがいとか、「ひたひたと恐怖を感じる毎日」だったからだ。この「切実な居住者としての切迫感「漠然とした不安は、当事者じゃないと感じないと思うんだよね。日本の、トランプ支持者の人々は、「この切迫感の背景」がないから、エスカレートしてQアノン的な陰謀論に飛び越えていってしまうんだと思う。

petronius.hatenablog.com


上記でも書いたけれども、いやはやこれは歴史に残る大事件ですよ。

f:id:Gaius_Petronius:20210123065543p:plain

wtop.com

津山さんがこう書かれているが、1/6の暴動以来、20日に何か起きるんじゃないかと、ざわざわしていたので、何もなくてほっとしている。この感覚、住んでないとわからないと思うんだよね。もしくは、自分がマイノリティの立場で暮らしていないと、わからない。当事者じゃやないとすべてわからないとまでは言えないけど、かなり根源的なところで「感覚」やコモンセンスのずれを感じましたよ。もう少し、アメリカのローカルの文脈が共有されて教育されてもいいんじゃないのか?、日本の報道は、その意識が甘くないか、と凄く思いました。今すぐは無理にせよ、そういう意識した報道の体制はあってもいいと思うんだよね。BBCなアルジャジーラには、そういうのがはっきりある気がするよ。まぁそれだけ大手メディアの報道機関としての予算も含めた日本の能力はがた落ちなのかもしれないとは思う。ネット時代に適応できていないので。


元号が改まる?

f:id:Gaius_Petronius:20210123064607j:plain

今ふとおもったけど、inauguration(大統領就任式)の子の世界観が改まる感じは、日本でいうと、元号変更みたいな感じだ!、違う宇宙にやってきたみたい!(笑)。儀式になっているのは、大嘗祭とかそんな感じの位置づけの近代的なものなのかも、、、。とか、なんとなく雑感。

■儀式としての重さ

www.bbc.com

www.newsweekjapan.jp

ちなみに、ナショナルアンセムの部分は、アメリカ人でもないのに、思わず目頭が熱くなりました。ジェニファーロペスとレディーガガですね。

全体主義国家のSF的ディストピアの風景

ちなみに、この旗の風景が異様な感じがして、めちゃくちゃ興奮したんですが、これって全体主義ディストピア的な風景を喚起させるからだと思います。

■平和的権力移譲の伝統

ホワイトハウスの模様替えって、凄いスピードで行われるんだろうなぁ。


■ステイシーエイブラムス

www.youtube.com


途中で書くの力尽きているけど(笑)、だいたいは、Yoputubeの配信でカバーできているので、そこで!(笑)。


これで、2020年大統領選挙レポート終わり!