2020-1027【物語三昧 :Vol.76】2020年アメリカ大統領選レポート(6)Amy Coney Barrett最高裁判事の誕生-84


2020-1027【物語三昧 :Vol.76】2020年アメリカ大統領選レポート(6)Amy Coney Barrett最高裁判事の誕生-84

f:id:Gaius_Petronius:20201029015749j:plain


やはりブルーウェーブが来た時に、この分極状態のアメリカのバランスをとるには、、、、と考えると、この最高裁判事の任期の話は、なるほどと唸ってしまった。

この任期のズレは重要です。歴史を振り返ると、民主党の大統領が任命したリベラルな判事が、共和党政権の時に現職で残って大統領の力を抑制し、共和党の大統領が任命した保守的な判事が次の進歩的な大統領の政策を吟味する立場に置かれる。逆に共和党の大統領が任命した保守的な判事がその後就任する進歩的な大統領の政策や行為を批判的に吟味する、といったことが比較的頻繁に起きています。

それによって権力の抑制と均衡がもたらされ、国民の自由が確保される――マディソンはこれを「野望には野望をもって対抗せしめる」と言っていますが、アメリカの持ち味なんだと思います――なかなかしんどいやり方ではありますが(笑)。

gendai.ismedia.jp

ザ・フェデラリスト (岩波文庫)


つまり、アメリカは多元的なのですが、連邦政府の権威に対しての合意形成は長い目で見ると着々と進んでいて、それが革新主義とニューディールリベラリズムを経てしっかり固まりました。ですから、分裂、分裂とよく言われますが、それは国家として違う国に分かれましょうという衝動ではなく、あくまでも大統領=キングの選出を目指して争う「対抗戦的な分裂」なのです。

逆説的なのですが、アメリカはあまりにも多元性が強力であるため、政治はつねに統一を主張するようになるのです。端的にアメリカはすべての選挙が小選挙区制です。複数政党制は、過剰に多元的なアメリカには忌まわしいほどに不吉なのです。それゆえ彼らに小選挙区制以外の選択肢はなく、それが分極という構造を形成してしまいます。

アメリカは、建国以来(南北戦争を頂点にして)ずっと、連邦政府の主導権をめぐる「内戦状態」にあるわけです。そして、大統領選挙というのは「内戦を流血なしに行うシステムであり、4年に1回必ず行われる内戦」なのです。大統領選挙とは4年ないし8年のさまざまな不満に暫定的にケリをつける行事であり、アメリカのデモクラシーを本質的に弱らせるものではなく、むしろ、アメリカのデモクラシーと密接に関わっているものだと思います。

米大統領選、なぜ「高齢者候補」が好まれるのか
大統領は「キング」であり、選挙は「内戦」である
石川 敬史 : 帝京大学文学部教授 / 佐々木 一寿 : 経済評論家、作家
https://toyokeizai.net/articles/-/381261

アメリカ人の物語3 革命の剣 ジョージ・ワシントン 下

余裕あるように見えるけど、めちゃ避難しそうで、山火事怖すぎた。ペトロニウスは、オレンジカウンティ在住。

Silverado fire threatens Orange county

f:id:Gaius_Petronius:20201029020146j:plain
f:id:Gaius_Petronius:20201027144755j:plain

www.cnn.com

www.cnn.com

www.cnn.com

www.youtube.com


ちなみに、世論調査のこと。