批評:ライトノベル

わーいやっと4巻でたー。

比村さんの絵柄好きなんだよなー。アスナの表情の感じが、たまんねーーーーーーーーー。って思います。それにしてもライトノベルとかなろうの小説とかもそうだけど、コミカライズされるときって、なんか一昔前は、そんなにうまい人いなかった気がするんだけ…

『エルフ転生からのチート建国記』 月夜涙著  タブーを軽々超える主人公のシリル君はどこへ行くのだろう?

評価:★★★3つ (僕的主観:★★★☆3つ半) てれびんが読んでいたので、ふと読んでみた。いわゆる異世界転生オレTUEE系ですね。やっぱりこの系統の作品は、ライトナルシシズム全開の全能感で楽しいですね。この系統で最初に読んだのは、『ウォルテニア戦記…

ああ、、、もう好きだなぁ。

もう3巻なのですね。本当に、本当に、これ大好きです。。。。アニメ化とかしてくんないかなぁ。このブログ編集ささんとかプロの日と見ている率高い感じがするので、どうすか?これって(笑)。これ毎日が生きる楽しみみたいな感じで、なろうの更新を心待ちに…

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 大森 藤ノ著  最終話まで

評価:★★★☆星3つ半 (僕的主観:★★★★★星5つ) いま最終話を見終わりました。小説の、6巻か5巻分までを忠実に映像化した感じですね。物語の持っている伏線というか展開力というかドラマトゥルギーとしては中途半端なはずなんですが、それを感じさせない成長…

だんまち 5話〜6話  自己実現を求める内面の煩悶と、さわやかな成長の物語きれいに重なると、こんなにもさわやかに嫌みのないものになるんだな

CD+DVD (2枚組) TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」オープニングテーマ" border="0" />届かない憧れに出会うことによって、上へ向かおうとする動機を調達するシナリオを、まず最初に持ってくるのは、基本中の基本中だよね。や…

だんまち見始めました。

ふへー。なんというかめずらしいくらい典型的な成長物語だなー。なるほど、、、、成長物語を丁寧に描けば、そのまま新世界張りに厳しい世界を表現することになるってのは、ほんとうだなー。それにしても、素直で前を目指す少年って、なんてキラキラして、か…

逆ハーレム・乙女ゲームの悪役に転生してしまったという物語類型の終着点はどこにあるのか?

ふと気になって、検索したんだけど、あれ『ジュデイハピ!』の人、新刊出てるんだねー。これ、もうウェブの方は掲載していないんだっけか。凄い読み直したかったんだけど。。。 けどなぁ、僕は数が読みたいと思う人なんで、読んだことある書籍を、1冊1000円…

『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません』 香月美夜著 読んでいて、ほっっっと幸せな気持ちになります。

『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜』 香月 美夜著 対等な目線感覚が、異世界転生のチートさの臭みを消去する http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20140719/p1本になったんですね。絵がついてうれしいです。とにかく読ん…

『とある飛空士への恋歌』  飛空士シリーズめっちゃはまって読んでいます!

8−9月は忙しすぎて、まったく記事がかけていない。ちょっといつもよりもしんどい感じ。けど、本当に追い詰められると、むしろ読んでいる漫画や見ているアニメの量は、桁違いに増える(笑)。たぶんストレスかかるから頭の切り替えに使っているんだろうと思う…

『勇者のお師匠様』 三丘洋 著  勇者が救ったそのあとの世界は具体的にはどうなるのか?という重要な命題を展開しつつあるオリジナルな物語

評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★★5つ) http://ncode.syosetu.com/n4890bm/ たくさんのファンタジー小説を見ていると、かつ、小説家になろうのような中央集権的なランキングシステムを見ていると、物語には、時代や場所に「類型」というか「型」がある…

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 』 渡航著 ヒッキー、それは確実に間違っているよ

俺ガイルの8巻を読み終わった。飛行機の中で。いい話だった。ただ、どうだろう?凄いいい話ではあったが、少し難解であった気がする。これは、どれくらい理解されているのだろうか?、もしくは僕の理解の仕方が正しかったのだろうか?とか、気になる。なの…

『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』  理不尽な孫の手著 異世界転生の日常やり直しセラピー類型の、その先へ

無職転生 - 異世界行ったら本気だす - 理不尽な孫の手 2019-10-04【物語三昧 :Vol.40】『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』 理不尽な孫の手 2012異世界転生の日常やり直しセラピー類型の、その先へ-45 累計総合での1位獲得おめでとうございます。 あ…

『魔法科高校の劣等生 (12) ダブルセブン編』 佐島勤著 新シリーズはじまりですねっ!

長く続く物語、というのは、いいな、と思う。特に、なろうの頃から読んでいて、実際に商業ベースで出てくるのをコツコツ読んで、、、というだけでなく、やはりこの作品は密度があって、場面がとても起伏があることもあって、好きなんだろうなー何度も読み返…

『ココロコネクト プレシャスタイム』 庵田定夏著  本当に好きでした。作者に感謝を!

楽しかった。 本当に楽しかった。 作者にありがとうです。 本当に好きでした。 ・・・・それにしても、ラストのこの小説も、本当に上手くなったなー。1巻の最初は、とてもいいけど、うまく感情移入させるには、文章的になんとなくあれっと引っかかる感じが…

そして、高校生活から大学生活へ

今日この記事を書いているのは、2013年10月7日。さっき、竹宮ゆゆこさんの『ゴールデンタイム』のアニメを見た。 ちょうど、2日前に庵田定夏さんの『ココロコネクト プレシャスタイム』が読み終わって(その記事も書き終わっているんだけど、先に掲…

うん、これ、まったくもって黒猫だよねっ!

うむ、あきらかにこれって、黒猫さんちの3姉妹の原型だよね。 うーん、やっぱり黒猫可愛いっ!。 『げんしけん』の咲と斑目の未来なんじゃねぇ!といわれるspotted flowerなんかもそうだけど、スターシステム、ともちょっと違うんだと思うけど、こういうな…

『のうりん』 白鳥士郎著 THEライトノベルって感じです。

友達がなかなかいいですよ、と言われて読んでみた。ちょうど、疲労しきっていたんで、難しい本が読めない時に、がっと癒しで。ライトノベルは、頭を使わずに短い時間で読めるしパフォーマンスよく癒しをくれるのでいいわーというのがいつもの感想なんですが…

ラスボスのいなくなった世界では、日常が続いていく関係性の物語へと変化する

この魔王と勇者の存在は、1986年に最初に発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフト『ドラゴンクエスト』が大人気となったあたりから、ファンタジー系ゲームや小説などにおいて多用されるようになったと思われる。勇者は戦士と賢者の要素をバランス…

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 渡航著 (2) 青い鳥症候群の結論の回避は可能か? 理論上もっとも、救いがなかった層を救う物語はありうるのか?それは必要なのか?本当にいるのか?

最近、アニメをホンワカみています。1話は、説明過多で、なんかセリフを読んでいるだけに見えてしまって、大丈夫かなーと思ったんですが、その後はこなれていい感じです。これって、ヒッキーが、とっても文学少年(←実はそうだよねっ!)なので表現が「書き…

見事な作品ですー。

まだ下巻の2/3ですが、素晴らしいです。最近、傑作ばかりに出会ってます!ネタバレの長文の記事を書くと思うので、ぜひ先に読んでおいてください。素晴らしいです。この系統の作品は、はがないも、俺ガイルもそうだけれども、凄く目の付け所が良くても、「ま…

追悼

ヤマグチノボルさんが、亡くなったそうだ。ほぼ年齢が近い人なので、胸が痛い。特に『ゼロの使い魔』がまだ未完なことを考えると、、、、。とても寂しいです。ガンを公表した後、Twitterで時々見ていたので、ああ大丈夫なのかな、と思っていましたが。残念で…

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』  渡航著 (1)スクールカーストの下層で生きることは永遠に閉じ込められる恐怖感〜学校空間は、9年×10倍の時間を生きる

先日、海燕さんとLDさんと恒例の物語三昧ラジオをしていて、最近僕がはまっている、俺ガイルが、この系統の物語の着実な発展の中で、いいところに踏み出していることを、話しました。その時のテーマは、「友達なってなんなんだろう?」でした。その時の話…

このアニメ、女の子がかわいすぎて、こまります。

先ほど最終回を見終わりました。。。。。恥ずかしくて、見るのが大変でした(笑)。。。。 いやーーーこのアニメ、女の子がかわいすぎて、こまります。どれも自分の嫁と選べないほどかわいいんだもん(笑)。 千和しかいないよ!とかいっていても、最後の真…

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 渡航著 作者は、凄く良いテーマをつかみましたねー。主人公が、大好きになりました。

なるほどなぁ、6巻で、作者は、いいところ捕まえたんだなーと思う。うん、とても面白い。というか、それ以上に、この主人公の男の子、僕は、凄い好きです。 学園カースト最下位で、皆に嫌われていて、一番傷ついていて、一番悲惨な目にあっている主人公が、…

『僕は友達が少ないNEXT』 迷えるチキンな俺 11話 どう理屈づけるんだろう?

今日は飲み会で酔っぱらってしまって、、、花粉症の薬のせいか、ちょっと気持ち悪くて、よく寝れない、、、のでとりだめていた「はがないNEXT」のアニメを途中からだが一気に見てたんだけど、おおーーー11話って、凄い動いたなー。僕は小説を読んでい…

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 ただ今読んでいます。

友人が、けっこうおもしろいよ、といわれて読んでみたのですが・・・いや面白いことは面白いけど、なんというか、『はがない』や『ココロコネクト』の系列のパラフレーズというか別展開のものなので、それほどオリジナリティを感じないなーと思いつつ、、、…

『フルメタルパニック ずっと、スタンド・バイ・ミー』 賀東招二著 なんて幸せな物語だろう 

先日、twitterでも書きましたが、読了しました。友人に、楽園の物語(=日常)から、楽園にはずっといることができない(=非日常)というのを真摯に受け止めた物語なので、ぜひ読んでみてほしいと言われて読みました。まさに、その通りでした。1998−2…

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 』 裕時悠示著 千和の戦力が圧倒的すぎる件について!

5巻までkindleで読みました。あまりにサクサク買えるので、恐怖の今日この頃です(苦笑)。 5巻まで読んでみて思ったのは、いまの時点では、アニメの方が断然面白いです。めずらしい、、、でもないか?。なんでかといえば、小説で読むにしては、マクロの背…

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 計算通り子=絡新婦・田村麻奈美という存在が指し示すもの(笑)

先日、海燕さんのニコ生ラジオ『海燕のゆるオタ残念教養講座』で、いつものごとく、LDさんと対談させていただいた。最初の30分ぐらいはあまり意味のないことをグダグダしゃべってしまったが、最後の30分ぐらいは、これは!というような面白い概念が出…

『フルメタル・パニック!』 賀東招ニ著  いま10巻まで来ました。

友人に読めと言われて読み始めて、10巻までたどり着きました。もうすぐ終わりに向かっています。 いろいろインスパイアされるものがあるのですが、最も興味深いのは、6−8巻ぐらいから急角度に話が展開していることです。展開というのは、ようは、かなめ…